映画レビュー

【映画鑑賞日記】映画 ビリギャル

birig(C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会

予告編で流れた、聖徳太子を”せいとくたいこ”と読むような浅はかなギャグ映画なのかなと思い、観る気も失せていたのですが、有村架純は演技うまいし、好きな女優だし、かなりヒットしてるらしいので、物は試しで観てみました。

で、見事に泣いた・・・

この映画は成長物語でもあり、家族愛、師弟愛、の物語であります。
はっきり言ってしまえば、慶応大学に入れるって結末が分かってるじゃないですか?
「果たして落ちこぼれギャルは慶応大学に入れるのか?」ならまだしもね。
それでも、見るに耐えうる、素晴らしい感動ストーリーとして成立してたのは、単なるお受験映画じゃなかったから、彼女は何故勉強に励むことになったのか?彼女を取り巻く人間関係を通して、じっくり魅せてくれるのが吉と出ています。

どうでもいいんですけど、劇中で主人公の妹がテレビを見ているシーンで、「次は嵐でーす」とテレビから流れた瞬間に、主人公がチャンネルを変えるんですね?それは時事問題の勉強のためにニュースに切り替えるのですが。「嵐」「慶応」といえば櫻井翔です。彼って受験もせずにエスカレーターで慶応大学に進んでます。主人公のような苦労もせずに。なんとなく、当てつけかと思うのは深読みしすぎですか?笑(付属が悪いと言う気はないですが)

ちなみに、思わず笑ってしまったのは・・・
be動詞と聞いて、B(型)同士と勘違いして、A同士の方がいいでしょ!ってセリフ。
芥川龍之介は、名前に「龍」が付くのってことは、親がドラゴンズファンだってセリフ。
これはウケた(*´∀`*)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?

関連記事

  1. 映画レビュー

    二兎追う者は一兎も得ず?『女王陛下のお気に入り』は権力に奢れる人間の愚かさを描いた愛憎劇

    アカデミー賞はこの映画の何が好きだったの?英国王室・衣装メイク…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

    ©2016劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会 ©2016 …

  3. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  4. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観とは。

    いつから人々は“働くこと”をネガティブに捉えはじめたのだろうか? …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP