映画レビュー

【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊

karimain_hosoda「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

個性派二大ヒーローの共演に本能覚醒で大興奮でした!
VSシリーズは既に戦隊最終回の冬公開映画として恒例なわけですが、今回のように本格的にVSしてる(闘っている)のは無かったようです。
正義と正義の戦いというのが非常に面白い視点で、子供映画なので、そこまで複雑な理由であるべきではありませんが、その単純明快さが逆に良かった、無駄に複雑な設定にした挙句に脚本がとっ散らかった『バッドマンvsスーパーマン』よりも数段面白かったです(笑)

二大ヒーローが相見えることで、両者共倒れになってしまい、戦隊ヒーローの歴史が終わってしまうところまで触れており、40周年を記念する戦隊映画として役割をきちんと担っています。
それでも結局はベクトルは未来へ向かっており、子供映画としての希望描写にも余念がありません。大和の「スーパー戦隊の歴史は俺達が繋ぐ」というセリフに痺れました。この子(中尾暢樹)は最初から思っていましたが、演技が上手い!
松坂桃李や千葉雄大級の人気俳優になるだけのルックスと演技力とカリスマ性は持っていると思います。本当に今後に大きな期待のかかる俳優さんだなと思いました。

また、戦隊は愛されているシリーズだと感じれたのが何よりです。それは、会場の反応が物語っていて、例えば、みっちゃん(ザ・ワールド)のネガティブ発言が出たら皆が笑う・・・定番なところで制作者が意図した反応が返ってくるというのは、この一年間、テレビや雑誌、ネット・SNS、舞台ショー等を通じて一緒に育んできた、ジュウオウジャーに対する愛着あってこそのことで、これっていうのは本当に凄まじいことであって、ファンとヒーロー(タレント)の間柄として究極なところまでいった理想像でもあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. 映画レビュー

    『カメラを止めるな!』は確かに面白い!当たるべき所に陽が当たった喜び!

    ※注意※当記事はネタバレしておりますので、未鑑賞の方は絶対に読…

  2. 映画レビュー

    【綾野剛は流石だけど・・・】シュールこそ独自性と勘違いした悪ふざけ『パンク侍、斬られて候』

    劇中薄らとは感じていたけど、エンドロールでセックス・ピストルズが流…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】クリミナル 2人の記憶を持つ男

    スーパーマンの父親役から目立った作品にはご無沙汰だったケヴィン…

  4. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  2. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP