映画レビュー

【映画鑑賞日記】バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

spvsbt(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

まずタイトルが悪いです!
この映画はスーパーマンとバッドマンが闘うのが真の目的ではありません。
重要なのはサブタイトルでもある「ジャスティスの誕生」の方!
いわゆる<ジャスティス・リーグ>という、DCコミックの英雄たちが結成するチーム、それの誕生ということで、これから始まる一連のDC関連映画の序章作品という位置づけなんです。両雄を闘わせるドリーム・マッチ映画とは意味合いが違います!
劇中に「メタ・ヒューマン」という言葉が出てきますが、これはドラマ「The FLASH」を見ていればピンとくるでしょう。DCファンには嬉しくなる場面がチラホラありました。

肝心の内容ですが、期待度高かっただけに肩透かし食らった感が半端ない!
<なんで英雄同士が戦わないといけないのか?>
これには相応の理由がないと成立しないでしょう!それがイマイチ不明瞭なんです。
予告や宣伝では、<スーパーマンの超人的な能力が次第に人類にとっての驚異や恐怖の対象となり>・・・ここまでは良い。本来は漫画の世界だけで完結していた、正義のヒーローの力を過信することで起きる現実との摩擦という発想は実に面白い!
が、その続き<人類はバッドマンに救いを求める>・・・ん?そんな描写はありません。

そこで鍵となるのが、この映画の中の悪役であるJ・アイゼンバーグの存在。
彼の裏工作によって、両雄が闘うことになるのですが、その過程が分かりにくい!
この悪役の目的(何を持って英雄同士を闘わせる必要があるのか?)が分からない!
ザック・スナイダーの語り口が下手過ぎて、これほどの題材を完全に腐らせています。
見事なまでの失敗!
ただ、後半の戦闘シーンには圧倒されます。アベンジャーズを凌駕するものがあります!
それだけでも良しとしようかな・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【ファン・関係者御免!】これほど共感できない作品も珍しい『東京喰種』を徹底批判!

    漫画原作を読んでいない者が、たった二時間程度の実写化を観て批判する…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ヒロイン失格

    (C) 2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C) 幸田もも子/…

  3. 映画レビュー

    実写版『ダンボ』大衆娯楽施設が悪者って・・・よく許可が降りたなと思う

    耳が大きいという外見的なハンディを負った小象は正しく『シザーハ…

  4. 映画レビュー

    『search』を観た!控えめに言っても大傑作!ここ数年で1番の大傑作と評したい!

    控えめに言っても大傑作である。素晴らしいアイディア、完璧な映画だ!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  3. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  4. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
PAGE TOP