ニュース

GG賞の壇上でメリル・ストリープがトランプを痛烈批判!

madam

先日のゴールデン・グローブ賞にて、功績賞を受賞した名女優メリル・ストリープが受賞スピーチの中でドナルド・トランプ次期米大統領を痛烈に批判(名前は一切出していない)したことが大きな話題となっています。

「この1年の間で私の心に鍵爪を深く沈めた演技は、この国で最も尊敬される席に座ろうとする人間が、障害のある記者を真似した姿でした」と、トランプ氏が選挙中にタイムズ紙の障害のある記者の真似をして嘲笑したことに言及。

「人に恥をかかせてやろうという本能を、発言力のある権力者が形にしてしまうと、それは全員の生活に浸透してしまいます。こういうことをしていいんだと、ある意味でほかの人にも許可を与えてしまうので。他人への侮辱は、さらなる侮辱を呼びます。暴力は暴力を扇動します。そして権力者が立場を利用して他人をいたぶると、それは私たち全員の敗北です」とストリープは訴えました。
さらに、権力を監視し責任を果たさせるよう報道機関に求め、ハリウッドが報道機関を支えなくてはならないと強調。故キャリー・フィッシャーの言葉を引用して「心が砕けたらそこから芸術を作りましょう」と呼びかけました。流石の言葉に、また影響力のある大女優が発言したことに、ハリウッドの米国の良心を垣間見れて安堵感を覚えました。

それに対してトランプ氏は「どうせヒラリー・ファンだ」と一蹴。「リベラル映画関係者」に攻撃されても「驚かない」と答えたというので、ハリウッドと次期大統領との亀裂は益々深まりそうな予感がしますし、この独裁大統領の暴走を少しでも抑えてほしい、ハリウッドがこの四年間で果たすべき役割は一層大きくなるなと思いました。もはや、資本主義に走るばかりで、娯楽大作先行じゃ駄目な時代が到来したのかもしれない・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート

関連記事

  1. ニュース

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる楽曲「HANDCLAP」って何?

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる「HANDCLA…

  2. ハリウッド

    ジョニー・デップがDV疑惑で離婚

    まさに泥沼化しているジョニー・デップの離婚騒動。キーと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  2. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  4. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
PAGE TOP