ハリウッド

【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン・ティンバレークに決定で思い出される13年前のアノ事件

出典:https://www.huffingtonpost.com/2014/05/12/justin-timberlake-solo-nsync_n_5309842.html


来年2018年の2月に行われるスーパーボウルのハーフタイムショーがジャスティン・ティンバレークに決まった。なんとも無難な抜擢に少し幻滅だ。彼は米音楽界きっての優等生キャラである。業界から愛され、信頼もされている。そして実力者であるから何でもこなしてしまう。リアーナがオープニングアクトを務めるはずだったグラミー賞の前日に恋人のクリス・ブラウンから暴行を受けてしまった際も、緊急の代打として完璧なステージングを披露したように。今回もインシンクが復活するか? などと期待もされているようだが、個人的には、ここ7~8年間のハーフタイムショーがあまりにクオリティが高いがゆえに、無難にまとまるのも退屈だなと思っている。それなら、ジャスティン・ビーバーで観たかった。多くのアメリカ人が反対するのだろうけど。

ジャスティン・ティンバレークとハーフタイムショーといえばアノ事件

なんて、個人的な文句を言っていたら、実際に文句を言ってる人が多いと聞いて、どんなことにイチャモン付けられているのか調べてみた。
どうも、13年前のアノ事件が関与しているようである。ティンバレークのハーフタイムショー出演は、私の記憶が正しければ、インシンク時代にエアロスミスのゲストで登場、そして、ジャネット・ジャクソンのゲストで登場の過去2回。言わずもがな、後者のジャネットの時は、いわゆる「おっぱいポロリ事件」で全米から非難殺到となり、世界中でも大騒動となった。

それ以来、ティンバレークもジャネットもハーフタイムには出演していないので、“出禁疑惑”まで出ていた。しかし、今回ティンバレークの出演が決まるや否や、ジャネットのファンが「なぜジャスティンだけOKで、ジャネットは出られないのか」と怒り心頭らしく、ハッシュタグ「#JusticeForJanet(ジャネットに正義を)」まで作られているという。

この騒動で変わった変化

結局、事故で無く意図的な演出だったことで、このパフォーマンスを企画したMTVは今後一切スーパーボウルに携わることを禁じられる。CBSが55万ドルの罰金を科せられる(2011年にはこの判決は無効となる)。
また、ジャネットはその年のグラミー賞受賞式への出席を禁じられる。
その他にも、今では一般的となった、下着が透けたり、乳首が浮いたりといった衣裳の不都合を指す「wardrobe malfunction」という言葉はこの時に生まれ、08年には辞書に登録される。
この事件以降7年間2011年のブラック・アイド・ピーズ(ファーギー)まで女性アーティストがハーフタイムショーに登場しなかったり、グラミーやオスカーなどの大型生中継番組で遅れが生じるようになる。また、エンタメコンテンツ配信の定義が厳しく制定される。

この事件がYOUTUBE誕生のきっかけとなった

出典:idolator.com

そして、この事件がもたらした、人類史上何よりもの発明が「YOUTUBE」であろう。今ではすっかり全世界の人々の生活に必需品となりつつあるが、当初はYOUTUBEはパーティー映像などの私用ビデオ共有ツールでしかなかったが、実業家のジョード・カリムが、ジャネットのポロリ事件の動画をネット上で検索するのに苦労したため、動画共有サイトを作ろうと決めた。これが後にYOUTUBEとなったのだという。確かに世界的なトピックスだったし、大騒ぎしたが、乳首くらいで、後にここまで世界中の人々の生活を変えてしまうジャネットの凄さよ!
しかし、アメリカと言うのはヌードには厳しくて、暴力には寛容的なのが謎だ・・・・・・

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。
引用の際はURLとリンク記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  2. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. ハリウッド

    アイアンマン卒業?MCU社長も明言!『アベンジャーズ』は第4弾で最後との情報がッ!

    先月(2017年11月)は『マイティー・ソー』続編が大ヒットし…

  2. 音楽

    世界的人気DJのZEDDが永遠に中国出禁!何があったの?

    今年のサマソニでのパフォーマンスも大好評だった世界的DJである…

  3. 音楽

    ゴリラズの新作にノエル兄貴が参加!

    英国の国民的関心事であったオアシスとブラーの確執が解消され…

  4. 音楽

    スポティファイの波は日本にも届くのか?

    欧米では、すんげぇ~勢いで拡大中の定額音楽配信サービス!…

  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバーがパパラッチをぶん殴るw

    パパラッチをぶん殴ったんだって。結論から言えば、どっち…

  6. 音楽

    The 1975のマシュー同性愛禁止のドバイで男性客にキスの流石な行動!

    反LGBTQ法に抗議して自ら同性とキスしちゃう先日のサマソニで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  2. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  3. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  4. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP