音楽

史上最悪なハーフタイムショーと言われたMaroon5が気の毒過ぎる!

NFL


昨年、警官による黒人への不当な暴力に抗議したコリン・キャパニック選手が国歌斉唱の際に跪き、その後、試合に出演できず実質上干されている現状と主催側NFLへの不服として、キャパニック選手を支援したJAY-Zやリアーナが出演をキャンセル。結局はMaroon5が出演することになった。その後、同バンドへの批判が集中。全米首位を記録した「Girls Like You」で女性賛歌を示した彼らがこのような形で差別的な扱いを受けるのも何とも皮肉である。同曲で共演しているカディ・Bも出演を拒否している。
本当ならば、スーパーボウルという全米注目度トップの場での歌唱は、アーティストにとっては自身のキャリアの中で最もハイライトであるはずだが、とんだ逆風になってしまった。パフォーマンス後も批判の嵐はやむことなく、バンドは会見を中止。史上最低のハーフタイムショーとまで言われる始末に。


ちなみに、トランプ大統領はキャパニック選手に対して人種差別から愛国心が無いと話をすり替え「あんな奴は即刻クビだ、この国からも追放だ」と発言。その後、キャパニック選手はNIKEの「JUST DO IT」30周年キャンペーンに出演し、若者から絶大な支持を得て、NIKEは売り上げを伸ばしていることから大衆の支持がどちらに偏っているかは明白である。

この騒動に関してアダム(Vo)は「振り返ってみれば、これまでどのハーフタイムショーも、何かしらの反発があったように思う。少しくらいの論争に耐えられなかったら、この仕事をするべきではないと思う。そういうものだと思うし、反発は想定内だ。でもそこから前進したいんだ。(今回のハーフタイムショーも)こんなに興奮したことがない。最大のギグだ。」としながら、反発に対しては「すべて音楽を通して答えたい」と言っている。

[PR]


事実、こういう報道は端に追いやられてしまうのが気の毒なのだが、Maroon5はNFLと共に今回の出演に当たって青年らの手による青少年を対象としたボランティア運動団体「Big Brothers and Big Sisters of America」に50万ドルもの高額寄付している。バンドの意思が人種差別擁護でもないし、キャパニック選手不支持でもないことはハッキリしていよう。それどころか、今回の出演が、あまりに政治利用されてしまっていることが気の毒で仕方ない。ロック・バンドとしてハーフタイムという大きな夢に向けて、巡ってきたチャンスを実現させただけのことである。ヒット曲の多いバンドだ。パフォーマンスも十分過ぎる程にパワフルで何も例年よりも劣ることはなかった。執拗な攻撃が続くことや、エンターテイメント自体を偏向的な政治的観点で攻撃することには関心はしない。2月下旬の来日公演が楽しみで仕方ない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  2. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. ライブレポート

    ジャンプのタイミングが分からんw(サマソニ2011)

    会場の至る所にセキセイインコのようなカラフル且つ、ダイ…

  2. 音楽

    ビヨンセの口パク騒動について

    オバマ大統領2期目の就任式で国歌斉唱したビヨンセに口パク疑惑が…

  3. テレビ・芸能人

    ブルゾンちえみ効果?オースティン・マホーンのアノ曲が今話題!

    今人気の芸人ブルゾンちえみ効果で、オースティン・マホーンの「D…

  4. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

  5. 音楽

    レッチリのエア演奏に関して思うこと

    何の問題もないです!スーパーボウルのハーフタイムショー…

  6. ハリウッド

    遂に雪解けか?テイラーの民主党支持発言をアノ宿敵が絶賛!

    先日、自身のインスタグラムで米中間選挙を前に、共和党女性議員を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. ライブレポート

    FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一つ…
  5. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
PAGE TOP