音楽

【聖地の意地】フジロックにディラン降臨!日本のフェス文化第二の夜明けか?

sonymusic.co.jp

フジロックにディラン降臨である!!!!
フジの客層が“おひとり様中高年”の集まりになっていることが問題になっていると言ったことがあるが。
もう高齢化とか大衆文化とかの次元を超えたレベルである。ノーベル賞を受賞してから初の来日公演。
日本のフェスにボブ・ディランを呼べるのはフジロックしかない。ここに“例え老いても聖地”なフジロックの底力を見せつけられたようで敬服する。
ある意味、ディランがフジロックに出るというのは、邦楽ロックのように、画一的なROCKがそこら中で鳴り響き、観客まで似た人種が集まる音楽イベントが、原点に立ち返るきっかけに成り得る事件でもあると思っている。

フェスって、元々はウッドストックまで時代を遡れば、ヒッピーとパンクスという異なる嗜好者たちが、ひとつの文化で交じり合ったということでも大きな意味を持つわけで、最近どの邦楽フェスもオリジナリティが無いなと思ってて。
文化の成熟も行き過ぎ、無意味に産業が肥大すれば、衰退するだけと危惧すら覚える時もある。しかし、ディランは自身の代表曲をやるとか、そういう産業的な思想は一切持っていない。サービス精神が無いわけではなく、音楽を奏でること自体に意味を見出している、それだけだ! 毎年毎年、同じ曲を順番変えてやるような、邦楽バンドとは訳が違う。




ディラン自身、70年代にロックが産業化した時点で、アリーナ級のツアーを辞めているように、音楽業界では常識となっている“アルバム・プロモーションのためのツアー”や“大型スタジアムでのライブ”とは無縁の人。自分がやりたい曲をやるだけ。それが彼の生業だから。で、余計な事情も話さないし説明もしない。ノーベル賞だろうが、生業以外は全て邪魔なだけ。それどころか、2000円年以降は、新曲を描いていない。音楽の消費産業化を嫌うからか。付け焼き刃的にベスト盤とか熱心に予習しても無意味だし、どんなにディラン通と自負しても、ほとんど知らない曲だろう。純粋に、その場に流れる音楽を聴くだけだ。ただ、そこに流れる音楽にたふれるということに於いては、フェスの原点であり、その光景こそがフェスなんだということを忘れてはならないし、日本のフェス文化が再び生まれ変わるきっかけになったらいい。

2001年から動員が増えたというフジロック。それは、紛れもなく、この年に、ニール・ヤング、オアシス、エミネムをブッキングしたことに因るだろう。この頃から「世界のフジロック」と評されるようになる。これに倣うように連なって、サマソニも2003年にブラーとレディオヘッドを呼んだり(過去最高のサマソニとの呼び声高し)、ロック・イン・ジャパンも2005年にはサザンオールスターズ、Mr.Children、坂本龍一など、ブッキングに力を入れ、各々のフェスが認知度と市民権を得たように思える。日本のフェス文化の最初の夜明けとも言うべき出来事だったに違いない。フジロックが動く時、日本のフェス文化全体の底上げが行われた。
今回のディラン出演は、成熟しきって、テーマパーク化された日本のフェス文化の第二の夜明けとも言うべき重大な年になるかもしれない。

それと、ケンドリックとの共演も凄まじい(フォークとラップと言う異なる手段で時代や社会と対峙してきた天才二人を拝める奇跡ったらない)。まさに、日本のフェス史に於ける強烈なエポックとなる年になることは間違いない。中高年もステージ後方で座ってる場合じゃないぞ、苗場に熱き音楽の魂よ、蘇れ! フジロック御見それしました!

参考出典:realsound.jp/2018/03/post-175659.html

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート

関連記事

  1. 音楽

    アリアナ・グランデがMJの記録に並ぶ快挙!

    今や大人気、先日もヌード写真流出騒動の被害者にも挙がってる、ア…

  2. 音楽

    ビヨンセは悪くない

    口パク騒動について遂にビヨンセが口を割りました。「…

  3. 音楽

    エアロスミスが大阪の路上ライヴに飛び入り参加w

    エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo.)が先週、深夜の大…

  4. 音楽

    1Dのハリー・スタイルズが「バイセクシャルだ」とカミングアウトした?

    現在、世界ツアー「LIVE ON TOUR」でヨーロッパを回っ…

  5. 音楽

    俺が勝手に選ぶポールの好きな曲10選!

    こともあろうにポール・マッカートニーの名曲に優劣をつけるなんて…

  6. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  2. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
PAGE TOP