映画レビュー

【映画鑑賞日記】チャッピー

chappie(C) Chappie – Photos By STEPHANIE BLOMKAMP

とうの昔から人工知能を持ったロボットは当たり前のように映画やアニメに出てくる、代表的なのは『スターウォーズ』だし、もっと言えば「ドラえもん」だってそう、ロボットが感情を持ってる大前提の設定で、これまでは何の違和感もなく見てきたけど、リアルな世界に知能を持ったロボットが出現したらどうなるのか?という問題を、究極のリアリズムを以て、現実世界に落とし込んだ作品が、この映画でした。

『第9地区』『エレジウム』のわずか2本の作品で、作家性や独特な世界観・主張を展開させた監督ニール・ブロムカンプ、まさに鬼才です!
とにかく、この人に近未来を舞台にしたSFを描かせたら、もはや右に出るものはいない!リアリズムとSFの絶妙なバランスがとれた作風には脱帽します!冒頭から一気に、その世界観に引き込まれるのは、前作2作も、この作品も一緒!圧倒的です!

そして、想像もつかないラスト。
『第9地区』に限りなく近い感じですが、観客の予想を超えてくる結末。
決してハッピーエンドではない、微妙な切なさが、この監督らしさを際立たせています。

そして、ヒュー・ジャックマンの悪役ぶりも必見!
あんなにナイスガイのイメージ強いのに、本当に嫌な奴で、逆に新鮮でしたw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  2. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】沈黙 -サイレンス-

    無信仰者の筆者が何を思って観たらいいか、着目点を絞るのに非常に…

  2. 映画レビュー

    『エイリアン:コヴェナント』種の誕生と起源に迫るスコット監督の鬼才に慄く

    本来のSFホラー回帰した、スコット監督の気迫が感じられる力作だ…

  3. 映画レビュー

    ハリウッド女優の地位向上以上の続編成功例だった『ゴーストバスターズ』

    30年前は当時の映画興収歴代7位という大ヒットを記録し…

  4. 映画レビュー

    『いぬやしき』加齢のギャップを活かせず、憲さんよりも佐藤健がカッコ良いのが最大の失敗!

    空中戦の映像は見事でした。昨今の邦画では最高クラスじゃないかと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  4. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. 音楽

    2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
PAGE TOP