ライブレポート

【VIVA LA ROCK特別編】スガシカオ20周年を祝う

© ROCKinNET.com All rights reserved.

昨日までのVIVA LA ROCKの延長戦だ!
スガシカオなんて普段は気にも留めないアーティストなんだが、彼の20周年を祝うのに大型のフェスを開催するというので参加してみた。素晴らしい祝祭イベントだった。10代から名前を着実に売り込んで芽が出るかどうかの業界において、彼は30歳過ぎて歌手デビューした異色の経歴を持つ歌手である。しかし、その歌詞は大人だからこそ書ける哀愁感じるものが多い。SMAP提供の「夜空ノムコウ」然り、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」に起用されている「Progress」も。子供には理解できない、背負ってるものがあるからこそ染み入る曲が多い。だから、それに感銘を受けるアーティストも多い。だから、こんなに大勢、一流アーティストが集まる。才能と人望が成せる奇跡のイベントだったんだなと思った。

前半の初っ端から、怒髪天が登場! 増子節炸裂「スガシカオも苗字が馬じゃなくて良かったですね。馬鹿男になっちゃうからね」「今日の面子見て蒼褪めたよ。ヒット曲無いの俺たちと稲川淳二さんだけじゃん(笑)」このバンドも大人賛歌の楽曲が多い。久々に観れて良かった。
続く、THE BACK HORNも全開だ。「コバルトブルー」はもちろん、宇多田ヒカルプロデュースの話題曲「あなたが待ってる」も披露で変わらずのカッコ良さを体現させた。
UNISON SQARE GARDENはスガの登場で珍しくMCを披露する。「オリオンをなぞる」「天国と地獄」など完全に“狙ってる”人気曲連投の隙無き選曲。例の代表曲を「スガーソングとシカーステップ」とし、演奏。スガ曰く「ユニゾンは今まで生演奏してると思ってなかった。そのくらい難しい」と言っていたけど、たしかに演奏力の高さは邦楽界随一かも知れないな。

こんなことをしてたら全て書ききれない。この後も、ふなっしーや、稲川淳二などカオスな人選で通常のロックフェスの体を成さない特殊感を醸し出していた。ミスチルのような国民的バンドも出ることで、イベントに箔が付いた感もあったし、個人的には楽しみにしてたSKY-HIも良かった。AAAのイケメン兄ちゃんが道楽でラップしてると思ってたら大間違い! KREVAをも余裕で凌駕する本気のラップスキル。日本のラップ界にとんでもない才能がぐんぐん頭角を現しているのを見た。その他、いろいろといたんですけど、申し訳ないがきりないので省略。しかし、本当にいろんなアーティストが“縁”をもって、スガシカオと繋がっていることには感銘を覚える。仕事は一人じゃできないというが、スガシカオという歌手も一人では成せなかったはずだ。そんな仲間意識に感動する一夜だった

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. ライブレポート

    【レッチリ、ホルモン、RAD】SUMMER SONIC 2019 2日目 ライブレポート

    今年で20周年を迎えたサマソニ!とにかく暑い!最高気温40℃に…

  2. ライブレポート

    強いて今年のサマソニに苦言

    今年のサマソニは異例の猛暑に対応しきれてない部分があったよ…

  3. 邦楽

    Base Ball Bear 湯浅(Gt)が脱退!

    衝撃なのと残念な報告です!Base Ball Bear…

  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート

    夢のような時間は過ぎるのも早く。その時間は儚い。このフェスが開…

  5. ライブレポート

    ビクターロック祭り

    ビクターレコード所属のミュージシャンが集うフェス。サザ…

  6. ライブレポート

    1日目に観たアーティスト

    しかし、あちぃ~な!毎年!毎年!けど、今年は日焼け止め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  2. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
PAGE TOP