ニュース

続・トランプ当選に対する音楽界の反応

radiohead2016

レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出た後にツイッターで「Burn the Witch」の歌詞の一部を上げたことで話題を呼んでいる。
avoidall eye contactdo not reactshoot the messengersthis is a low flying panic attacksingthesong of sixpencethatgoes
(理性すら捨てて 目も合わせず 送信者を撃つ まるで低空飛行の攻撃 6ペンスの歌を歌おう)
この曲は「メディアが大衆を操作」していることへの皮肉がテーマ。

トランプが当選したら米国から出ていくと言っていたマイリー・サイラスは
「今でもヒラリー氏は初代女性大統領になるのに相応しいと思います。(中略)これを口にするのは心が痛みますが、トランプのことを大統領として受け入れます。皆が歩み寄ってくれるように希望を持っていたいから。(中略)でも、お願いですから他人に対しては共感と敬意をもって接してください。」と悲痛のコメント。
トランプ当選したら地球脱出すると言っていた御大シェールは
「若者たちのことを思うと気の毒だわ。トイレの絵文字を彼のシンボルとして使う」と痛烈なコメント。

そして、トランプ陣営に何度も無断で楽曲使用され抗議してきたストーンズのミック・ジャガー。
日本のマスコミはトランプの勝利演説で暴言が緩和しているとほざいていたけど、その演説の終盤でトランプ氏が去る際にストーンズの「無情の世界」(サビが「ほしいものがいつも手に入るとは限らない」という歌詞)を流すという、ヒラリー候補と支持者に究極の<嫌味>を示した時点で俺は、本当に嫌な人間だと確信した訳だが、ミックは
「ひょっとして就任式典で僕に“無情の世界”を歌えとか言う気か。はは」と辛辣なコメント。

R&Bの大御所スヌープ・ドッグは「トランプ大統領だってさ。マジかよ。これまで一度も行政・政治経験なしだって。なんて世の中だ。」と憂いている。
また、ラップ業界で初めてマイノリティにスポットを当て普遍的な愛を叫んできたマックルモアは「今日起きたことについて失望して衝撃を受けて動揺させられている。(中略)俺は娘に愛することを教えよう。すべての人を、肌の色、性別、宗教観、性的指向、出生地など関係なく愛することを。」とコメント。

セレブ達の怒りも、まだまだ収まりそうにない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  3. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~

    マーベル作品の原作者で知られる、アメコミ界の巨匠スタン・リーが…

  2. ライブレポート

    祝!サマソニ10周年【SUMMER SONIC 09】vol.1

    8:30に海浜幕張駅集合で、朝起きたのが8:30。先週…

  3. ハリウッド

    ジョニー・デップがDV疑惑で離婚

    まさに泥沼化しているジョニー・デップの離婚騒動。キーと…

  4. 音楽

    Mステに1D、ケイティ・ペリー!

    最近のMステは何かと注目してしまいます。毎週、録画したのを…

  5. 音楽

    2014年に期待をしてしまう魔法の言葉

    昨年50周年を迎え、2013年に入ってから米英で大規模なラ…

  6. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一…

    2018年7月下旬。酷暑が警戒される異様な夏。連日35℃を優に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  5. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
PAGE TOP