音楽

ジョン・フルシアンテがレッチリを辞めた理由とは

未だにレッチリにはフルシアンテが必要だと思ってる人は数多くいることでしょう!
「カリフォルニケイション」以来のファンとしては、やはりフルシアンテ=レッチリなんすよね。

そんなフルシアンテが何故レッチリを辞めたのか!について語ったそうです。
「ステイディアム・アーケイディアム」のツアーを07年に終えた時点で、フリーが一時的な活動休止を提案したことが脱退を考えるきっかけの一つになったとか。

その後、バンドにいない状態が楽しくなってしまったというのが脱退の理由だそうです。
彼はパフォーマーというよりも芸術家肌な人なので、レッチリへの再カンバックは絶対にないと思いますが、彼以上にレッチリ・サウンドの核となるギタリストはいないと思います。

そんなこと言ったら元も子もないけども、じゃ~現メンバーのジョシュに期待することってのは、フルシアンテのいたバンドとは違う角度からのレッチリを見せてほしいです。
前作「アイム・ウィズ・ユー」では見事に成功してると思いますし、俺は。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  4. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. 音楽

    米ローリング・ストーン誌が2000年以降のMVベスト10を発表

    1位 レディー・ガガ「バッド・ロマンス」2位 ビヨンセ「シ…

  2. 音楽

    リンキン・パークのチェスター(Vo)の訃報によせて

    あまりに急なことに驚く。個人的な印象としては、リンキンは洋楽の…

  3. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

    早いもので今年も終わり!年末の風物詩と勝手に俺だけが呼んで…

  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

    ノエル・ギャラガーやBECKといったギター・ロックの大御所がヘッドライ…

  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化

    ジャスティン・ビーバーがスペイン語の歌唱でゲストで参加している、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  2. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  3. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  4. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
PAGE TOP