映画レビュー

【映画鑑賞日記】ローン・レンジャー

loneran
(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.

「大衆娯楽作の王様」であるディズニーが映画化したことがすべての点において吉と出た良作です!
砂ぼこりっぽい西部劇に、ディズニーランドのアトラクションのようなスピード感と、ワクワク感のテイストが加わり、内容も単純明快な勧善懲悪に終始し、エンタメのそれ以上でもなければ、それ以下でもない、何も難しいこと抜きにして、笑顔になれる、本来のディズニー映画の理想実現を観ているような傑作で爽快でした!

ジョニー・デップの芸達者ぶりが再確認できました。
ジャック・スパロウ以来のハマり役ではないでしょうか?
彼の難癖あるキャラクターの演技も、そろそろ飽和期に差し掛かろうとしてるとは思うのですが、なにが凄いって、どんな映画にもハマるのが凄い!この映画も、デップのキャラ無しには成立しなかったと思います。

クライマックスでの「これぞTHE西部劇」という盛り上がりには気分も高揚し、久々に痛快とカタルシスを感じることができたので、大大大満足な一流エンターテイメント!ビックサンダーマウンテンに乗ってるような爽快感★
団塊の世代が幼少期のテレビ創世記に、テレビ映画として夢中になったという本作。
「ウィリアム・テル序曲」をバックに「ハイヨー、シルバー!」と馬に乗って駆けずり回る様は、我々世代の心にも響きました!かっこよかったなぁ!
是非ともシリーズ化して欲しい作品です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  4. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】この世界の片隅に

    日本という国が、この映画が口コミで好評を呼びヒット…

  2. 映画レビュー

    『 IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』驚き倍増!娯楽ホラーとして合格!

    ビックリ倍増で続編としてスケールアップ成功!前回よりも過剰なサ…

  3. 映画レビュー

    『マレフィセント2』異種を認め合う多様性時代を甘受するディズニーの鉄板映画

    続編もマレフィセントは母性溢れる良い人もはや『眠れぬ森の美女』…

  4. 映画レビュー

    『空飛ぶタイヤ』池井戸潤が感じる自分の正義を庶民的正義と重ね合わせた大衆娯楽の鑑のような傑作!

    池井戸原作の映画を楽しみにしていた。初の映画化である。彼の作品は現…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  4. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  5. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
PAGE TOP