映画レビュー

【映画鑑賞日記】ドント・ブリーズ

dontbrethe

20年に一度のホラー映画と言うから期待していったんですが肩透かしを食らった気でいます。

話題だと言うので、わざわざ電車で遠出して隣県の映画館で鑑賞したのですが、劇場内は満席で何故か高校生だらけだったんです、別にいいんですけど、奴ら、うるせーの、なんのって(笑)
「え!やばいんだけど!」「やばいって!」「やばくない?」やべーの大合唱!
俺としては劇場内の鑑賞マナーを守れないお前らが一番「やべーよ」と言ってやりたかったのですが、返り討ちに遭ってはたまったもんじゃないと我慢してました。

そうなんです、この映画は事故により娘を失い、加害者の女性がリッチな家の娘だったことで数百万ドルを手にした盲目の元軍人の老年男性の家に、若者三人が金銭目当てで泥棒に入ったんだけど、爺さんの<返り討ち>に遭うというホラー系スリラーなんです。盲目の元軍人なので、音だけが鍵となるわけですよね、なので息もできないほどの緊迫感漂うことが売りの映画。
唯一の及第点としては、その無音の使い方がうまかったかなと。
ちなみに、軍人の爺さんは『アバター』で仮想現実世界を破壊しまくったアノ隊長です。

そう話すと完全に爺さんが悪者扱いなんですが、俺としてはどうしても強盗に入った若者が悪いとしか思えない。自業自得としか思えない。身体的な障害を持った老人の家に、金銭目的で、しかも銃片手に入るとか、たとえ、若者たちにも事情があったにせよ、強盗入った時点でOUTだろって。
貧困から酷い生活を強いられる主人公の女性を描いてますが強盗の理由にはならない。

歴代には、『13日の金曜日』『悪魔のいけにえ』『ミザリー』『オーメン』『シャイニング』など、ひっくり返りそうなホラー映画ってたくさんありました。鑑賞後に胃もたれしそうなくらい不快感指数高いやつね。
そういうのに比べたら、やっぱ設定が甘い。善悪の境界が曖昧。
それでも話題になるってことは、最近こういう話題のホラー映画が減ってきたことに起因すると思います。現代っ子は、ホラー耐性が弱くなってるのかな。それも、やべーな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ザ・ウォーク

    (C)2015 Sony Pictures Digital Produ…

  2. 映画レビュー

    『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ファンタジー映画として少し違和感・・・

    冒頭から個人的な事情を述べることに些か恐縮ではあるのだが、公私共に…

  3. 映画レビュー

    【報道とは何か?】映画という名のワイドショーだった『フロントマン』

    アメリカの大統領選は完全にエンターテイメントなんだなと思っている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  2. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  3. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  5. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
PAGE TOP