映画レビュー

【映画鑑賞日記】ドクター・ストレンジ

(C) 2016MARVEL

いろんな映画を観ていると時に、その映像に驚愕する時がある。
なかなか、体験できないものではあるが、最初は小学生の時に見た『ターミネーター2』、中学生の時に見た『ジュラシック・パーク』、そして大学生の時に見た『インビジブル』(ケビン・ベーコンが透明人間を演じたホラー)と『ロード・オブ・ザ・リング』、そして社会人20代半ばの時に3D革命を受けた『アバター』・・・どんな映像にも目が肥えてしまった現代で、これらに並ぶ映像革命が私の中で起こった。

街中が立体パズルのように柔軟に変化する次元を超えた描写。
ビルが曲がり、重力に逆らったようにビルの側面を走る主人公。
現実で起こってるものでなく、幻想的な別次元でそれらがなされているという、魔術的リアリズムな作品なのである。だからと言って、フロイトの精神分析や無意識というような、個人の思想観に関連するようなものでもなく、伝承や神話や非合理性など、あくまで非現実的なものが作品の基軸で、超自然主義のようなオカルトとは違う点は、マーベルのメンツにかけて断言しておきたい。

マーベルの作品は物理主義の世界で成立している。『アベンジャーズ』で巨大な怪物船が出て来たように、時には物質の大きさの迫力を表現するように。がゆえに、街中を壊すこともあり得た。それが『シヴィル・ウォー』で問題視されるわけだが(笑)

しかし、この『ドクター・ストレンジ』はそれらの次元と異なる。先でも言ったように幻想的、魔術的、自然主義なのである。
主人公の天才脳外科医師であるカンバーバッチが不慮の事故で両手の機能を失うが、それを治すために藁をも掴む思いで、ベトナムにおもむく、そこで教え込まれるのは、<手の治療=神経を繋ぎ、細胞を修復するということでなく、治ると思うこと、時間や自然を受け入れる東洋思想めいたもの>だった。なんとなくヨガの思想に似てるなと思った。
その発想をマーベルがやるのだから面白い。科学優先の医師に、自然主義と言う相反する設定を織り込んで、調和させるうまさ。いろんな切り口でヒーローを誕生させ、観客を飽きさせない、流石はマーベルである。

ただ、ラストが些か漫画過ぎたのが幻滅だった。
最後の怪物の造形が、あまりにアニメ過ぎたのもあるが、『アベンジャーズ』が巨大な怪物船を力で持って倒したように、そこは単純で良かった。四次元的なことを云々言っていたけど、ああいう理屈はいらない、マーベルなので。にせよ、今後アベンジャーズとの絡みも期待したいし、続編も楽しみな映画であることには変わらない。是非とも、久々にマーベルの新シリーズでオススメな映画だと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

関連記事

  1. 映画レビュー

    話題の『アリー/スター誕生』に騙されるな!こんなもん涙の一滴も出ない!

    もはや芸能カップルの悲哀物語の教科書とも言える『スター誕生』のリメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  4. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
PAGE TOP