映画レビュー

【映画鑑賞日記】ドクター・ストレンジ

(C) 2016MARVEL

いろんな映画を観ていると時に、その映像に驚愕する時がある。
なかなか、体験できないものではあるが、最初は小学生の時に見た『ターミネーター2』、中学生の時に見た『ジュラシック・パーク』、そして大学生の時に見た『インビジブル』(ケビン・ベーコンが透明人間を演じたホラー)と『ロード・オブ・ザ・リング』、そして社会人20代半ばの時に3D革命を受けた『アバター』・・・どんな映像にも目が肥えてしまった現代で、これらに並ぶ映像革命が私の中で起こった。

街中が立体パズルのように柔軟に変化する次元を超えた描写。
ビルが曲がり、重力に逆らったようにビルの側面を走る主人公。
現実で起こってるものでなく、幻想的な別次元でそれらがなされているという、魔術的リアリズムな作品なのである。だからと言って、フロイトの精神分析や無意識というような、個人の思想観に関連するようなものでもなく、伝承や神話や非合理性など、あくまで非現実的なものが作品の基軸で、超自然主義のようなオカルトとは違う点は、マーベルのメンツにかけて断言しておきたい。

マーベルの作品は物理主義の世界で成立している。『アベンジャーズ』で巨大な怪物船が出て来たように、時には物質の大きさの迫力を表現するように。がゆえに、街中を壊すこともあり得た。それが『シヴィル・ウォー』で問題視されるわけだが(笑)

しかし、この『ドクター・ストレンジ』はそれらの次元と異なる。先でも言ったように幻想的、魔術的、自然主義なのである。
主人公の天才脳外科医師であるカンバーバッチが不慮の事故で両手の機能を失うが、それを治すために藁をも掴む思いで、ベトナムにおもむく、そこで教え込まれるのは、<手の治療=神経を繋ぎ、細胞を修復するということでなく、治ると思うこと、時間や自然を受け入れる東洋思想めいたもの>だった。なんとなくヨガの思想に似てるなと思った。
その発想をマーベルがやるのだから面白い。科学優先の医師に、自然主義と言う相反する設定を織り込んで、調和させるうまさ。いろんな切り口でヒーローを誕生させ、観客を飽きさせない、流石はマーベルである。

ただ、ラストが些か漫画過ぎたのが幻滅だった。
最後の怪物の造形が、あまりにアニメ過ぎたのもあるが、『アベンジャーズ』が巨大な怪物船を力で持って倒したように、そこは単純で良かった。四次元的なことを云々言っていたけど、ああいう理屈はいらない、マーベルなので。にせよ、今後アベンジャーズとの絡みも期待したいし、続編も楽しみな映画であることには変わらない。是非とも、久々にマーベルの新シリーズでオススメな映画だと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  2. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  5. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】風立ちぬ

    (C) 2013 二馬力・GNDHDDTK切なくて、時に苦…

  2. 映画レビュー

    『キングスマン ゴールデン・サークル』エグさ健在!カッコ良さ健在!続編大成功!

    アクションの描き方も相変わらずの巧さだし、それに伴う音楽の使い…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ザ・コンサルタント

    ドリフのもしもシリーズ映画です!もしも、レインマンがジェイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  4. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  5. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
PAGE TOP