映画

【その人気本物かい?】中川大志主演映画『きょうのキラ君』が10位圏外の大誤爆!

飽和期に差し掛かっているせいか、恋愛漫画原作の映画が意外な苦戦しております。
一時期は上映すればハリウッド大作すら跳ね除けて必ずヒットするという、キラー・コンテンツだったのですが、今をトキメク若手俳優人気No.1の中川大志主演の『きょうのキラ君』が初登場10位圏外でまさかの大誤爆!
彼のせいなのか?原作のせいなのか?女優のせいなのか?原因は不明です。
これだけ、世間でもてはやされているにも関わらず、客が呼べない・・・となると、評判の割には映画で集客も出来ず、視聴率も取れない、第二の向井理化する可能性もあり得る・・・

その他にも、ジャニーズの佐藤勝利主演『ハルチカ』、劇団EXILEの無名俳優を無謀にも主演にした『イタズラなKiss』など、ジャニーズやEXILEでも失敗!ただ少女漫画を原作にイケメン連れてきて胸キュンポイントを作ればどうこうなるって単純な発想で金儲けできる時代は過ぎたようです。

それでも、圧倒的強さを見せるのは『一週間フレンズ』をヒットさせた山崎賢人の集客力です。
他の俳優と比べてもダントツの成績、失敗知らず、必ず客が呼べる俳優として、株をぐんぐん伸ばしています。今夏には『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化というパンドラの匣の主演にまで抜擢されましたが、内容の評価は不安が残るものの興行的な成功はするでしょうね。

次点は、やはり福士蒼汰。『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のヒットも記憶に新しいですが、彼の場合は恋愛以外の映画にも積極的に出演。客も呼べる上に、役者としての様々な表現に挑戦してるという意味では山崎賢人以上の有望株かも知れません。
つか、この際、山崎賢人と福士蒼汰を恋愛映画に起用すれば、映画がヒットするなら、この二人にBLさせてしまえば話は早いんでねえの?(笑)←そういう問題じゃ・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  2. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 映画

    【公開間近】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』主人公レイの正体に関わる様々な憶測を検討する

    いよいよ1週間後に公開が迫った『スター・ウォーズ/最後のジェダ…

  2. 映画

    【遂に興収100億突破】『君の名は。』社会現象!

    ちょっと今月は激務だったので、まだ観れてないんすよ・・・今…

  3. ハリウッド

    アイアンマン卒業?MCU社長も明言!『アベンジャーズ』は第4弾で最後との情報がッ!

    先月(2017年11月)は『マイティー・ソー』続編が大ヒットし…

  4. ハリウッド

    続編打切り『アメージング・スパイダーマン』は果たして本当に失敗だったのか?多角的に検証してみる!

    全世界で興行的に特大ヒットを飛ばしている『スパイダーマン:ホームカ…

  5. テレビ・芸能人

    海外メディアも報道した「たけし独立騒動」何故たけしは自ら出て行ったのか?

    たけしが「オフィス北野」から独立する。何か腑に落ちない部分もあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
PAGE TOP