映画

【その人気本物かい?】中川大志主演映画『きょうのキラ君』が10位圏外の大誤爆!

飽和期に差し掛かっているせいか、恋愛漫画原作の映画が意外な苦戦しております。
一時期は上映すればハリウッド大作すら跳ね除けて必ずヒットするという、キラー・コンテンツだったのですが、今をトキメク若手俳優人気No.1の中川大志主演の『きょうのキラ君』が初登場10位圏外でまさかの大誤爆!
彼のせいなのか?原作のせいなのか?女優のせいなのか?原因は不明です。
これだけ、世間でもてはやされているにも関わらず、客が呼べない・・・となると、評判の割には映画で集客も出来ず、視聴率も取れない、第二の向井理化する可能性もあり得る・・・

その他にも、ジャニーズの佐藤勝利主演『ハルチカ』、劇団EXILEの無名俳優を無謀にも主演にした『イタズラなKiss』など、ジャニーズやEXILEでも失敗!ただ少女漫画を原作にイケメン連れてきて胸キュンポイントを作ればどうこうなるって単純な発想で金儲けできる時代は過ぎたようです。

それでも、圧倒的強さを見せるのは『一週間フレンズ』をヒットさせた山崎賢人の集客力です。
他の俳優と比べてもダントツの成績、失敗知らず、必ず客が呼べる俳優として、株をぐんぐん伸ばしています。今夏には『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化というパンドラの匣の主演にまで抜擢されましたが、内容の評価は不安が残るものの興行的な成功はするでしょうね。

次点は、やはり福士蒼汰。『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のヒットも記憶に新しいですが、彼の場合は恋愛以外の映画にも積極的に出演。客も呼べる上に、役者としての様々な表現に挑戦してるという意味では山崎賢人以上の有望株かも知れません。
つか、この際、山崎賢人と福士蒼汰を恋愛映画に起用すれば、映画がヒットするなら、この二人にBLさせてしまえば話は早いんでねえの?(笑)←そういう問題じゃ・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. ポール東京ドーム初日を観た!

関連記事

  1. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する

    今年2018年の映画界隈で一番の話題と言えば『カメラを止めるな…

  2. アカデミー賞

    遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れるのか?

    公開11週目を迎えても未だに大ヒット驀進中の『ボヘミアン・ラプソデ…

  3. 映画

    妖怪ウォッチ vs スターウォーズ今年の軍配は?

    昨年スターウォーズの新作『フォースの覚醒』が上映され、…

  4. ハリウッド

    SWのルーク役マーク・ハミルが遂にハリウッドの殿堂入り!往年のライバル映画俳優とバトルも!

    世界興行収入が歴代9位の特大ヒットとなった『最後のジェダイ』を…

  5. 映画

    『君の名は。』当初の興収予測は15億円だった!

    年末年始までのロングラン上映が決定したほど爆発的ヒットとなった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  2. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  3. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  4. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  5. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
PAGE TOP