邦楽

ドリカムアレルギーの言いがかり感が尋常じゃないかと思った件

大前提に特別ドリカムファンでもないことを断言しておく。
「マツコの知らない世界」とかいう番組にドリカムの中村正人(B)が出演したことから“ドリカムアレルギー”という言葉に注目が集まっている。この番組中に、中村は世の中に蔓延するドリカムアレルギーを何とかしたいと思っているとかなんとか。
花粉症というガチのアレルギーで現在、本域で苦しんでる俺から言わせれば、そんな何でも容易くアレルギーなんて付けるんじゃねえよ!と怒り新党ですが・・・それはマツコの違う番組か。

マツコも「嫌いではないけど、何がアレルギーの原因かって考えると、歌詞の世界観ですね。私からすると完全な夢を見させられている感じ。ドリカムは幸せの象徴なのよ」と反応。うん、世の中を斜に構えてるマツコらしい、ひねくれた物の見方だ。

twitterでは
「斜に構えたヤツからするとなんか眩しすぎるんだよな。直視できない」
「『ドリカムアレルギー』じゃないのよ。吉田美和アレルギーなのよ」
「万人受けする曲だったり、前向きとか希望とか夢とかを歌ってるの自体が苦手」
コメントを見てもわかるとおり、吉田美和の歌詞、「愛」「頑張れ」「希望」といったポジティブさに拒否反応を示すようだ。
随分と世の中は捻くれた人間に溢れてるんだな・・・

そもそも、そんなこと言ったらJ-POP全部そうなんじゃないかなと。
夢や希望の代弁がJ-POPの担う最大の義務で、絶望やリアルを歌う暗い曲を是とする風潮は正しいとは俺は思えない。井上揚水の「傘がない」とか、山崎ハコとかが良いってことなのか?
世知辛い世の中ならば余計に、1万回駄目でヘトヘトになっても1万1回目は何か変わるかもしれないと思わないと人生やってらんねえだろ。
また、こういう時にドリカムの流行した時代と、今のさとり世代の差なんて、どうでもいい分析をする専門化が現れるが、馬鹿馬鹿しい理屈に呆れる。思考は世代に表れるのでなく、個人に表れるのだから。今時の若者は論と同じで不毛だ。
出典:http://www.j-cast.com/2017/04/19295966.html

タレントの高感度調査では長年トップだったドリカム神話も崩れてきてるのか、果てや再びドリカムが話題の中心になってることに変わりなく中村の思惑通りか・・・
苦手なのは個人の趣向なので否定はしないが、なんでも否定する風潮や、歌詞くらいでグジグジ言うなと個人的には思った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 1日目ライヴレポート

    1年の終わりに相応しい過ごし方と言えば、もうこのフェスに来るこ…

  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート

    夢のような時間は過ぎるのも早く。その時間は儚い。このフェスが開…

  3. ライブレポート

    【UVERworld男祭り】バンド史上最高ライヴを観た!

    いつからか、彼らは大きく方向転換をした。アニメやドラマなど…

  4. 邦楽

    ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!

    もう狂喜乱舞! 大大大歓喜である!サザンオールスターズがR…

  5. 映画

    興収記録更新、流行語・・・『君の名は。』が止まらない

    この快進撃いつまで続くのか?遂に『君の名は。』の興行収入が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  2. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  3. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  5. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP