ライブレポート

PITBULL rules SPRINGROOVE 2015に降臨!

spg201501

2年ぶりの開催となる今年は「PITBULL rules SPRINGROOVE」と題して、世界規模のお祭り番長ことPITBULLがワンマン級のパフォーマンスで同フェスをジャックする形で行われました。

まずは、Ne-yo!圧倒的にcoolで最高!個人的には、2009年にサマソニでも見て以来だったのですが、スター性は衰えることなく、「Because Of You」などのメロゥなバラードから「Let Me Love You」「Closer」などのアゲ系のダンス・チューンまで大ヒット曲を連投!隙のない男前なステージングには脱帽です!

続くPITBULLは最初から「Don’t Stop the Party」で会場を最高沸点まで上げ、そこからの90分弱、沸騰したオーディエンスを一切冷まさないまま駆け抜ける超絶パフォーマンスでした!
今回はPITBULLというミュージシャンは、何故にこんなにもポジティブに徹底するのか、その訳を彼の生い立ちから紹介、お祭り番長を体現する理由付けがされた上の絶倫PARTYは、いつもの楽しさに加えて「楽しいことが正しい」と言わんばかりの説得性があり、気持ち良さといったらありませんでした。
最後にお待ちかねの「Give Me Everything」でNe-yo登場!
この2人のブッキングはこの共演の為に間違いないでしょうが、やはり世界的に見ても激レアな共演です、これで上がらないわけがない!大熱唱でした!

その他、EXILE TRIBEのGENERATIONSなんかも出てました(EXILE系の歌手を見る機会などこの先も滅多なことじゃない限りないだろうと一応見物)。
それと、アレクサンドラ・スタンは、まさかのノーブラ!刺激的で最高にSEXYなステージでした。
あと、LMFAOの8KY 6LUが、近年のクラブの代名詞的曲「Party Rock Anthem」をやった時の会場の狂喜乱舞といったら、そりゃもう凄まじかった!
来年も開催すること期待してます!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  4. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. ライブレポート

    BUMP OF CHICKEN 20周年記念ライブを観る!

    今日のコンセプトの根底には仲間との「共有」があったように思…

  2. ライブレポート

    サンボ最高!

    ばっちし日焼けしてます!色白野郎だから、火傷になります…

  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 14/15 vol.5

    汗だっくだく!どうして俺は、もういい加減にモッシュからは引…

  4. ライブレポート

    【UVERworld、ホルモン、フィッシャーズ】ROCK IN JAPAN 2019 4日目 ライブ…

    国内最大級動員フェスのロッキンが20周年を迎える!今年で20年…

  5. ライブレポート

    SUMMER SONIC 08

    曇り(ちょっと雨も降ったかな)・・・ぶちゃけ物足りない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP