邦楽

宇多田ヒカル、本格的に再始動!

utada

宇多田ヒカルの新曲のタイトルが決定!
「花束を君に」というタイトルだそうです!
この曲は次の4月からの朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌にも決定しています。
宇多田レベルのアーティストとしては十分過ぎるほどのタイアップ、復活ステージ。

同時に特設ページ上で、ハッシュタグ「#おかえりHIKKI」でつぶやくか、宇多田関連商品を購入すると、ページ上の桜の木の花がだんだんと咲いていく仕組みになっており、この企画で得られた収益の一部は「NPO法人 さくら並木ネットワーク」に寄付され、東日本大震災の被害地域に桜の木が届けられるシステムになっているそうです!

思えば、彼女は2011年3月11日、既に活動休止をしている中で、積極的に日本にいる外国人に向けて困らないように、情報をtweetをしていました。そして、このタイミングの復活!
彼女にとっての歌手活動の再開は、単なる音楽商業的な意味合い以上のものを感じます。
それこそ国民的歌手!それこそ宇多田ヒカル!彼女の復活に大きな期待と、大きな喜びとをもって、2016年、5年ぶりのカンバックを心より歓迎致します!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  4. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. ライブレポート

    ミスチル地蔵ファンは想定内

    今年のサマソニでMr.Children見たさのファンが“場所取…

  2. 邦楽

    快挙!KEYTALKの新作が4位!

    俺、ビクター関係者でも何でも無いですが・・・やったぜぇ…

  3. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート

    夏真っ盛りである。夏と言えば・・・・・・海! ビール! フェス…

  4. 日記

    J-POPの理想郷に到達したサザン新作「葡萄」をがっぷり四つで聴く!

    桑田佳祐の音楽とは?この問いかけに俺は日米の共同体と答えて…

  5. 邦楽

    サマソニに和田アキ子

    毎年必ず入れてくるブッ飛び要員。少女時代、TOKIO、…

  6. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

    毎年恒例になり今年で記念すべき10回目を迎えることになりました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  3. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  4. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  5. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
PAGE TOP