ハリウッド

ルーカスがディズニー批判とSW新作「嫌い」発言で波紋

sw7

何かと賛否両論の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、遂にジョージ・ルーカスが重い口を開けました・・・しかし、その内容は新作への不満と、自分がSWの全権利を米ディズニーに売却したことを「奴隷業者に売ってしまった」と嘆いたことで、今や米エンタメ業界が騒然としています。
ルーカスは「奴隷業者」発言こそ謝罪したそうですが、SWの生みの親である彼の言葉が本作の批判をより強めるのではないかなと個人的には思っております。

「私はSWを単なるSF映画だとは思っていない。SWは全ての家族の問題を描いているんだ。ところがディズニーはSWを、ファンを喜ばせるためのレトロ(懐古趣味)なSF作品にしようとしていた・・・」
確かにそれはあります。要は「フォースの覚醒」は冒険していないんです。これは映画評でも発言しましたが、過去のキャラへの敬愛が強すぎて、がゆえに新しい登場人物に魅力もなく、真新しさも無かった。

また、ディズニーはルーカス氏のアイデアをボツにことで、完全にルーカスは手を引く形に。
産業映画の代表格には変わりないんだけども、その内容はあくまでルーカスイズムを引き継いだものとして発展していってほしいと思うんですけどね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?

関連記事

  1. アカデミー賞

    ゴールデン・グローブ賞『ラ・ラ・ランド』が史上最多7部門受賞

    いよいよ始まった本格的な映画賞レース・シーズン。アカデ…

  2. ハリウッド

    フラーハウス出演者初来日フィーバー

    全世界で人気沸騰のNetflix配信ドラマ「フラーハウス」…

  3. ハリウッド

    「フルハウス」続編に日本語吹替声優集合!予告編公開!

    やはり吹替って重要なんですね。変わらぬ声を聞き、当時を思い…

  4. ハリウッド

    エマ・ワトソンに出来た意外な恋人にファン騒然(福士蒼汰にも同じことが言える感覚)

    女性の権利向上が叫ばれているハリウッドだが、軒並み稼ぎまくって…

  5. アカデミー賞

    今年のオスカーの主役、実はマット・デイモンだったんじゃないか説

    司会がジミー・キンメルと聞けば、自ずと頭をよぎるのがマット…

  6. ハリウッド

    やはりジョニー・デップはDVをしてた?『ファンタビ』続編の出演に暗雲も!

    2016年に公開され世界的に大ヒットした映画『ファンタスティッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  2. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
  5. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
PAGE TOP