日記

平昌五輪閉会式でのポップアーティストの“イマイチ感”を見て感じる東京五輪への不安!

出典:isu.org

気付かぬうちに閉会式を迎えた平昌五輪。やばいな・・・・・・俺、羽生しか観てない。もともと競技名もルールも知らないし、評価基準が曖昧な冬季競技の、どうも面白みが分からず、個人的に冬季五輪は毎度のこと見ないのだが、史上最高メダル獲得数だとかで、盛り上がってるし、まだまだ平昌フィーバーは過熱しそうな予感。トリノの時は荒川静香の金メダル以外はメダル無しのような、冬季競技弱小国だった日本にココまで凄い才能が出て来たってことであるから、それはそれで純粋に誇らしいことだなと、素晴らしいなとは思う。


ただ、スポーツの祭典である五輪であっても、競技以外に、エンタメ好きとして注目すべきは開会式や閉会式である。例えば、その最たる成功例が、『スラムドッグ・ミリオネア』のダニー・ボイル監督が監修したロンドン五輪だったと深く感銘を覚えたことを思い出すが、冒頭から『007』ジェームズ・ボンドがエリザベス女王を迎えに行くとか、Mr.ビーンが登場するとか、『ハリー・ポッター』の原作者であるJ.K.ローリングが詩を朗読するとか、ポール・マッカートニーが「Hey,Jude」を世界と合唱したりで、文化の成熟度が並大抵のものではなく、もはや完璧だった。

それを考えれば、今回の平昌五輪の開会式/閉会式は、全部を見たわけでは決してないが、内輪ノリ感を感じてしまった。人面鳥みたいな伝統的な部分は別にここで批判するようなものでもないが、K-POP歌手のパフォーマンスに関して言えば韓国以外の諸外国総ポカーンだったのではないかと。おそらく、あれらをまともに見ている人間は韓国以外で少ないとは思うのだが。※これはヘイトとか、反韓とか、そういう低俗な発言ではない事だけ明確しておきたい。というのは、ある種の、期待度があったわけだ。K-POPは世界を席巻した時期があったわけだから。ほんの一時的な流行だった感は否めないが、ふるいにかけて残った、BIGBANGや東方神起やSHINee、防弾少年団など西洋圏でも人気のグループは存在するし、世界を席巻した「江南スタイル」など、世界基準のコンテンツを擁していたわけである(PSYから辞退したとの噂だが)。なのに、やらない。ロンドン五輪を見習えと。ポール・マッカートニーが出るような王道感こそエンタメなのだ。韓国はそこを分かっていなかった。





閉会式では、2NE1のCLと、EXOという男性グループが登場し、無難なポップ・パフォーマンスを見せた。CLに関して言えば、昨年2017年のサマソニで見かけたことがあったので、何となしに記憶にあった。ブラック・アイド・ピーズが今だけ脱退中のファーギーの代わりに、この日メンバーとして受け入れたのが彼女だった。一方の兄ちゃん達は申し訳ないが知らない。今や韓国内では絶大な人気を誇っているらしいが、知らない。K-POPファンから「調べてから物を言え!」と怒られそうだが、知らないものは知らない。パフォーマンス的にも凄ければ興味も湧くけど、悪いとは言わないまでも無難だったし。要するに、ロンドンと違って文化的知名度が世界基準ではないのだ。これを韓国だけに課すのも酷な話と言えよう。その国には、その国独自の文化と成熟度があって当然だから。それにしても、一瞬でも世界的ブームを起こした娯楽文化を持った国が行う五輪の式典としては及第点とは言い難い。





なぜ他国のポップ・グループのパフォーマンスを見て憂いを感じたかと言えば、2年後に同じ槍玉に挙げられそうなのが、東京だからだ。今回の知らない兄ちゃんのように嵐あたりが歌って踊っても同列。秋元康系アイドルが出てきても欧米から鼻で笑われることは目に見えている(ノエル・ギャラガーが指摘済み)。サザンやミスチル、ドリカム級の国民的バンドが出てくれば、知名度は無いが、相応の形にはなると思うが、やはりポール・マッカートニーのような世界共通アイコンではない弱さは際立つ。アークティック・モンキーズやリアム・ギャラガーのようにはいかない。それだったら、世界でも活躍している、宇多田ヒカル(絶対に辞退しそうだが)、ONE OK ROCK、ベビメタの方がいいのかな。

© 2016 TOHO CO.,LTD.

安室奈美恵あたりが最も適してるかなと思ったが、その頃には彼女は表舞台にはいない。そうなると、世界的知名度を鑑みれば、オスカー受賞経験のある坂本龍一、グラミー常連の喜太郎、伝統音楽という観点から吉田兄弟あたりが無難か?
やはり、ハズレ無しでいくとすれば、ゴジラ、ピカチュウ、ジブリ、ドラゴンボール、ハリウッド化も決定している『君の名は。』などだろうか。世界に誇れる文化も多いなと感じると共に、やはり日本はアニメの国なんだなと思った。

ここまで危惧するのも、長野五輪が本当に酷かったからだ。それ以来の日本での五輪。長野の開会式は愚の骨頂だった。日本国民である私でさえも何をしてるのか分からないほど郷土的?で、どこかの田舎町の通例行事並みの地味さと、娯楽性の無さには中学か高校生だった私は唖然としてしまった。後に、「電波少年」で松本明子が「なんで、あんな退屈な開会式になったか?」と失礼な質問を、演出家にアポなしで突撃したくらいで(笑)
そんなことを思っていると、長野五輪の閉会式に丸腰で出てきて、日本語だけで芸をして「私たちが住んでいるのは?」という問いかけをし外国人も多かっただろう会場に「チキュウ」と言わせた萩原欽一の偉大さが分かる。

くれぐれも、アイドル系のポップ・ショーや、EDMなんて世界のどこを見ても流れていない時代遅れな音楽を未だに堂々と歌って踊ってるような、何代目か知らないけど、ザイルってる兄ちゃんも失笑必須なので控えて頂きたいなと、隣の国の閉会式を見て思った。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  2. 【徹底比較】映画のエズラとドラマのグラント“フラッシュ”に適してるのはどっち?
  3. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  4. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPANのRADWIMPSが凄過ぎた!

    今回のCDJで特に印象的なのは、やはりRADWIMPSでした。…

  2. 音楽

    レッチリのフリー、ベースで国歌演奏への批判を一蹴!

    NBAの試合にてレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーが…

  3. 邦楽

    SKY-HIの新曲「キョウボウザイ」が身震いするほど素晴らしい!

    今年個人的に要注目しているアーティストの一人にSKY-HIという若…

  4. ハリウッド

    フランク・オーシャンがグラミー受賞資格を放棄した理由

    フランク・オーシャンが、セカンドアルバム『Blonde』と…

  5. ニュース

    BABYMETALがビルボード総合で39位の快挙

    海外でも人気の女子高生から成る3人組ユニットBABYMET…

  6. 日記

    もはやFUCKなポップが世界基準

    別に俺はポップにも寛容な考えなんですけどねノエル兄貴は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  5. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
PAGE TOP