音楽

ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!

mixmag.net

サマソニの来日が決定している、我らがノエル・ギャラガーが「コーヒーショップが台頭してからロックンロール文化が消えた」と米のラジオ番組で言った。

あなたにとって「ロックとは何か?」と問われたノエル兄貴は

俺にとっては、思想の自由だよ。それから表現の自由。革ジャンとか、ジャックダニエルじゃ無いんだ。それらが不要とは言わないけど。
音楽業界に入った頃、俺にとってのロックはツェッペリンとかビートルズとか、ストーンズ、それからセックス・ピストルズだったんだけど、90年代の半ばになったら、ストーンズの71年のツアーTシャツを見るや「めちゃロックだ」なんて言う奴が出てきたんだ。ロックの意味が失われたのは、その頃からかな?
参考引用:rockinon.com/news/detail/174334




そして、Tシャツの他にロック文化を衰退させたのはコーヒーショップとも述べている。

音楽に金を払うことがゾッとするもんだと思い始めたんだよ。「音楽に金を払うなんて信じられない!」って感じるクセに、コーヒー2杯には当たり前のように20ドル払うようになったんだよ。それもこれも『フレンズ』に責任があるな。セーター着て糞高いコーヒー飲んで、くだらねえことを話すだけっていうスタイルが定着したんだよ。
参考引用:rockinon.com/news/detail/174334

© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

世界のテレビ史上最も成功したドラマとも言える『フレンズ』を引き合いに、昨今の世間のロック離れの原因を分析している。そんな理不尽な言い掛かりを付けられても・・・・・・と思うかもしれないが、兄貴のこの理屈って完全に間違えているとも言えなさそうだ。

日本は欧米諸国と比べればCD売り上げは多い方ではあるのだが、そもそも、パッケージ産業が衰退している傾向は変わらない。しかし、それが顕著に表れたのは、携帯電話の普及、ゲーム業界の盛況、ファッションの関心など、人々の関心が他文化へ移行したからだとも言われている。あくまで一因としての話であることを断っておきたい。それに並行して、avexが先陣を切って推進していた、コピーコントロールCDなるものが出現し、音楽を聞く環境がデジタルへと移行するのを妨げたことも、音楽への関心を薄めた要因としては大きいだろう。

『フレンズ』のライフスタイルに憧れて、欧米の若者がコーヒーショップにたむろし、HMVやタワレコが盛り上がる代わりに、スタバやドトールなどが台頭し、何気ないコーヒー代は支払える風潮が自然と出来た。音楽業界が最も危惧すべきは、CDやDLやライブなどの音楽消費を如何にさせるかよりも、音楽外の文化との対峙である。フェスに行くか、コミケに行くか、海外旅行に行くか。ここでフェスを選択させることが出来るか否か。その選択で、ロックはコーヒーに負けた。
この先、ロックがコーヒーに勝つには、オアシスが復活してシーンを牽引し、新進気鋭の新しいカリスマを生むことだと思うのだが、兄貴、どうっすか? このオアシスファンの勝手な願望は??

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. ジャスティン・ビーバー世界ツアー残り公演中止の真相とは!
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. 音楽

    MTV VMA2016

    アメリカ音楽界最大のお祭り「MTV Video Music Award…

  2. 音楽

    ひっさびさに妖怪・・・いや、シェールが凄まじいw

    シェールの本当に久々となる新曲がいい感じです!!!アメリカ…

  3. 音楽

    【祖国統一を願う】GAGAにしか出来ないハーフタイムショー

    競技場の屋根に登場し「God Bless America」と「…

  4. 音楽

    大関昇進?マライア・キャリーが100kg超!歌えぬ豚は、ただの豚状態!

    マライアが米国におけるショウビズ界で多大な功績を残したディーヴァで…

  5. 音楽

    ワン・ダイレクション脱退のゼインがソロ転向?

    普通の22歳の男の子に戻りたいって理由だったのに・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP