ライブレポート

サザン40周年ライヴ千秋楽を観た!「ふざけるなツアー」のセトリがコアな選曲だった理由とは!?

© ROCKinNET.com

2018年6月25日にサザンはデビュー40周年を迎えた。ファンはどんなスペシャルな活動が発表されるか首を長くして待っていた。しかし、全国ツアーは翌年春とのアナウンス。それまで周年は夏に大規模ツアーを敢行していただけに戸惑うファンは多かった。実質的には、その間にもNHKホールという小規模会場のライブ、13年ぶりのロッキン、紅白歌合戦と盛り沢山な活動を展開してきたわけで十分過ぎるほど充実した40周年だと個人的には思っているが。とにかく待望のツアーには違いない。その千秋楽に当たる東京ドーム公演を観てきた。

このサザン史上最大規模55万人を動員した全国ツアー『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!?ふざけるな!!』で課せられたのは、まず周年ツアーの祝祭感の体現、平成から新元号にまたぐ意味合いの提示、マンネリズムと新サザンの調和だと思った。

蓋を開けてみれば意外な選曲に驚く。大半がマイナー曲で構成されたセットリストなのだ。
オープニングは今のサザンを象徴する曲と言っても過言でない「東京VICTORY」で劇的な幕開けをし、昨年リリースの「壮年JUMP」、ライヴ鉄板曲の「希望の轍」と続くものの、「欲しくて欲しくてたまらない」「古戦場で濡れん坊は昭和のHero」「JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)」「女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)」「CRY 哀 CRY」とコアな選曲が目立った。後半で「シュラバ★ラ★バンバ」も披露されたが、これらの楽曲の共通項として、革新性を以てJ-POPの歌詞の可能性を広げたことが挙げられると思うが、この日のセットリストには、そんな桑田渾身の歌詞の楽曲が多かった気がする。本を読む人が減少傾向にあると言われ、大衆ソングも作文のような歌詞が持て囃されている時代への桑田の反骨が、今回の選曲のテーマ性にあると僕は思った。
個人的に高校卒業時(TSUNAMIが爆発的に売れた時)からファンなので彼是20年選手としては今回のコア選曲も嬉しい限りだが、サザンを初めて観る人も多かった(らしい)ので、曲の認知度の観点から言えば不親切だったと思う。
サザンという日本でもトップクラスを誇る知名度のバンドであれば、老若男女が各々でフェイバリット・ソングを持っていて、予習せずともライブは知ってる曲も多くて楽しめるだろうという根拠なき期待感が寄せられる。サザンの曲は200曲を超えるというのに。桑田は今回の周年ツアーで明らかにその期待とは違うアプローチをした。

[PR]


その理由を帰路ずっと考えていたのだが、ここで例の如く代表曲連発の周年ライブをやってしまうと、所謂いつものサザンで終わってしまう。桑田がそれに飽きている発言は以前ラジオでもしたことがあったが、多様な曲を披露するというのはサザンと向き合ってる証明でもあると思うのだ。
それと、何よりも30周年の活動休止時の日産スタジアムは観客に思い残すことはないと言わしめたベスト盤的選曲だったけど、それを今回やってしまうと「40年間お疲れ様でした会」のように総括的に括られ、懐メロバンドとして遺物化されてしまう可能性を嫌った桑田なりのズラしであると感じた。新元号になるタイミングだから尚更、意識したに違いない。サザンを伝説化させない、平成に置き去りにしない、王道を避けることで、あくまで現役を貫かんとするアグレッシブな宣言のように思えた。だから未完ながらも新曲もやった。この新陳代謝の貪欲さには感銘を受ける。

その一方で「マンピーのG★SPOT」ではお決まりのヅラを被り変態仮面の男性ダンサーに挟まれる(ロッキンと同じ演出だったが個人的には最高過ぎて好きだ)、「勝手にシンドバッド」でド派手に盛り上がるというマンネリズムも欠かさない。何十年も繰り返してきたことであるが、必ずと言っていいほど盛り上がる。変わらなくて良いサザンもあることを示した。スクリーンにはド派手な日本全国の祭りの映像やら何やら派手でカオスな映像が流れ、演出面からしてもアップデートされていた。40年前の曲が2020年に差し掛かろうとしている現代にも通じる魔法を見せられたような気がした。

当然、サザンの曲には一つひとつ想いが植え付けられている。大衆ポップの頂として楽しさを追求してきたサザンらしく嬉しくも楽しい思い出が多い。しかし、必ずしも嬉しいことだけでは無い。あの曲この曲を聴いていた頃を憂いたい思い出もある。喜怒哀楽いろんな感情が渦巻いた。どんなタイミングであろうと、人生の狭間にナイスなBGMを流し続けてくれたサザンは、人生そのものであるのだ。

ライブ終焉後に「次のサザンが観たい!」と思わせたサザンの完全勝利である。サザンの周年が終わるとソロ活動に走ってしまい寂しい思いになるのだが、しばらくはサザンの活動を充実化させていくという噂もある。本当に嬉しい。ソロ活動も応援しているし桑田名義の名曲も大好きだ。しかし、やはりサザンが好きなのだ。今年の夏はサザン無しの夏になりそうだが、41周年のサザンと共に再び人生を歩みたい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]






[PR]

セットリスト
01.東京VICTORY
02.壮年JUMP
03.希望の轍
04.闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
05.SAUDADE~真冬の蜃気楼~
06.彩~Aja~
07.神の島遥か国
08.青春番外地
09.欲しくて欲しくてたまらない
10.Moon Light Lover
11.赤い炎の女
12.北鎌倉の思い出
13.古戦場で濡れん坊は昭和のHero
14.JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)
15.女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)
16.慕情
17.愛はスローにちょっとずつ(仮)
18.ゆけ!!力道山
19.CRY 哀 CRY
20.HAIR
21.当って砕けろ
22.東京シャッフル
23.DJ・コービーの伝説
24.わすれじのレイド・バック
25.思い過ごしも恋のうち
26.はっぴいえんど
27.シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
28.マチルダBABY
29.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
30.イエローマン~星の王子様~
31.マンピーのG★SPOT
アンコール
EN1.I AM YOUR SINGER
EN2.LOVE AFFAIR〜秘密のデート
EN3.栄光の男
EN4.勝手にシンドバッド
EN5.旅姿四十周年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  3. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. ライブレポート

    ドリカム主催フェス「うれし たのし 大好き 2016」に来ています!

    昨年のベスト盤が売れまくって久々にシーンの第一線に戻ってき…

  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1516

    個人的には今年で9年目となる幕張参加!毎回凄いなと思う…

  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 14/15 vol.2

    下衆の極み乙女、KANA-BOON、KEYTALK、クリー…

  4. ライブレポート

    強いて今年のサマソニに苦言

    今年のサマソニは異例の猛暑に対応しきれてない部分があったよ…

  5. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2016

    今年も幕張上陸!サマソニ!これがないと俺の夏は締め括れ…

  6. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート

    珍しく顔写真を公開してみる。SWとのタイアップ企画で写真が撮れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  3. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  5. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
PAGE TOP