ライブレポート

レキシ全国ツアー「不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち」大宮公演を観る

image source:伽羅古録盤


笑い過ぎてどうにかなっちゃうかと思った。王道のキャッチーなメロディに日本史にまつわる歌詞を乗せるという異色のコンセプト、CMのタイアップ起用なども手伝ってか、加えて、フェス・シーンでも、その芸人顔負けのトーク力と、質の高い音楽を敢えて茶化すハイレベルなクリエイティブ・センスで徐々に稲穂と共に知名度を拡大しつつある池ちゃん。今となっては伝説のバンド、スーパーバタードッグのキーボディストがこのような形で人気を博すなど誰が想像しただろうか?

フェスなんかでも彼のファン以外の若者も1ステージで夢中にさせる。何故、これだけレキシは愛されるのか? それは彼の“好かれ気質”にも因ると思う。当然ながら、話の面白い人間に人は寄り付く。しかし、単なるお調子者ではない。敢えて、ふざける“めざとさ”。根っからの道化師タイプ。近頃の芸人が裸になって股間をお盆でどうのこうのっていうような、笑われるのでなく、笑わすベクトル。MCも当然、楽曲に関してもだ。実力のある人間、地頭の良い人間でないと出来ないことである。こういうのって、日本の音楽史、芸能史に実は昔から受け継がれている。ハナ肇とクレイジーキャッツや、ドリフ、サザン、米米CLUB・・・・・・これらコメディバンドのどれもが、多くの人間を夢中にしてきたように、レキシが受け入れられるというのは実に自然なのである。

そんな歴史の全国ツアー「不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち」に参加してきた。もう抱腹絶倒! こんなに腹抱えて笑ったのは何年振りかと言うほどだ。流石である。まずは、ウォルト・ディズニー製作映画の前のお馴染みのイントロ・ムーヴィーが流れると、シンデレラ城ならぬ、日本の古城に花火が上がるパロディ映像が流れる(レキシのライヴが何故、映像化されないのかの由縁はこういうところだ)。いとうせいこうと、みうらじゅんというサブカル界の巨匠が現れれば、レキシと一矢報いる丁々発止のギャグ合戦を繰り広げ、会場を「不思議の国」にいざなう。

[PR]

その場で思いついたことを言ってしまって(歌ってしまって)、本来のセットリストから脱線するというお決まりのパターンは健在で、この日も、最新作『Vシキ』の曲を珍しく真面目に歌っていると思いきや、お決まりの他人の曲へ雪崩れ込んでしまうパターン・・・・・・最新曲「KATOKU」から始まった本ライヴだが、歌唱中なぜか工藤静香の「嵐の素顔」の振付(森口博子がやってた物真似Ver)をやれば、「ユアマイソーソー」の方の「A・R・A・S・H・I」になるいい加減さ。凄いのは、それに瞬時にバンドがついていくアドリブ力・柔軟性と、演奏力の高さである。風味堂の渡和久(元気出せ!遣唐使)をはじめとする一流ミュージシャン揃いなだけはある。やはり道化をやるには実力がないと出来ない最たる例がレキシのライヴにある。

その他にも、「刀狩は突然に」は小田和正「ラブストーリーは突然に」に変わるし(しかも、三回も繰り返すし)、「年貢 for you」はチェッカーズ「涙のリクエスト」に変わるし、アンコールの「狩りから稲作へ」は米米CLUBの「君がいるだけで」に変わる。むしろ、変わった後の方が盛り上がる。それを突っ込むレキシ。他人の曲での遊び方が絶妙で上手い!

ロック、ファンク、ジャズ、ラップと多様なジャンルを取り入れたレキシの楽曲の生演奏は、やはりライヴ栄えして、純粋に音楽的なクオリティの高さを感じる。本編ラストの「きらきら武士」なんかは、ふざけも無い圧倒的なパフォーマンスを見せつけられ、彼が本域で売れ線を突き進んだら、どうなってしまうか?(とんでもないことになるに違いない)と思わされた瞬間でもあった。先日、放送された『関ジャム』という番組内で、斉藤和義がレキシを「名曲の無駄遣い」と評したそうだが、まさしくその通りだ。

レキシほどの、遊び心を持った道化(エンターテイナー)は今の日本にはいないと言って過言ではない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!

関連記事

  1. ライブレポート

    安室奈美恵を観た!

    今年は多くのアーティストが●周年記念だったそうなのですが…

  2. 邦楽

    桑田佳祐が「ヨシ子さん」でやりたかった開放

    本格的に音楽番組への出演など精力的なメディア戦略を始めた桑…

  3. ライブレポート

    今年も懲りずにひたちなか!

    20前半から来始めた“ひたちなか”も今年で8年目!…

  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート

    いよいよ今年のロッキンも最終日である。後半週は、天気予報では雨…

  5. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感じる理由とは?

    つい数か月前に人気デュオゆずが「ガイコクジンノトモダチ」という…

  6. ライブレポート

    サマソニ史上最高潮!圧巻のレッチリ!(サマソニ2011)

    おそらくサマソニ史上最高の盛り上がりだったんじゃないだろう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  3. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  4. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP