ライブレポート

【ライヴレポ】ブルーノ・マーズの圧倒的な完璧なエンタメSHOWを観て“時代が彼を選んだ由縁”を感じた!

出典:YOUTUBE


4年ぶりの来日公演である。前回は幕張メッセだった。相応に動員はあったが、平たい会場で見にくいせいもあってか、ステージもさほど大きくなかったと記憶している。当時は流行歌手の部類の印象が強く、今のようなファンキーで横ノリな感じでもなく、恋愛ポップ・ソングを歌っているイケメン歌手の色合いが強かった。要は「Uptown Funk」以前だ。それから数年経過し、彼の人気は日本でも爆発していた。前回も相当チケットの入手には苦労したが、今回は2万人以上を収容する、さいたまスーパーアリーナ4Daysにも関わらず、先行発売の時点でソールド・アウト。チケットも安くはない。しかし、会場は隅から隅まで超満員だった。ここまで日本国内で支持を集める海外のアーティストはそうはいない。まさに時代の寵児である。



ブルーノの音楽は決して真新しい音楽ではない。バンドの音もアナログだった。むしろ70年代の黒人音楽を焼き直している。最新鋭の音楽に挑戦するのではなく、アメリカに古くから根付く黒人音楽を再現する、非常に保守的なシンガーである。昨年2017年のグラミー賞ではビヨンセを抑えてアデルが獲ったことで白人優位の批判も出たように、今年のグラミー賞はブルーノ・マーズが主要3部門含む6冠を制覇し、ケンドリック・ラマーで無いことの不可思議さとして批判が上がった。
ただ、音楽を純粋に娯楽と捉えた時に、ブルーノほどのドストレートなエンターテイメントをやってのけることが出来るシンガーはそうそういないと確信したステージだったのは間違えない。あの大規模な会場で、どデカいスケールで、数万人が一斉に踊り狂うドストレートなエンターテイメントの凄味ったらなかった。そういう良い意味での保守性が万人に受け入れられる由縁なのかなと思った。分かり易いってことだ。分かり易い娯楽ほど共感性が強く、完璧な物はない。そういう意味でブルーノのステージは圧倒的だった。

彼自身が黒人ではないのに黒人音楽をやることへの反発もあるらしいが、彼自身のルーツでもあるグルーヴの再現は、彼の本来の才能を開花させるのにひと際役立ったようだ。終始、圧巻の歌声とダンスやステップの肉体的表現で一大エンターテイメントに昇華させていた。まるで新時代のジェームス・ブラウンのような(なんて言ったら、また批判が起きるだろうが、そのくらいの無敵オーラが凄まじかったということ)。天才がなせる業だ。「24K Magic」では会場が揺れんばかりにグルーヴィングし、「Just the Way You Are」では黄色い歓声と共に大合唱が起きる。時代が彼を選んだ理由が分かるステージだった。

◆セットリスト◆
M-1 Finesse
M-2 24K Magic
M-3 Treasure
M-4 Perm
M-5 Calling All My Lovelies
M-6 Chunky
M-7 That’s What I Like
M-8 Versace on the Floor
M-9 Marry You
M-10 Runaway Baby
M-11 When I Was Your Man
M-12 Piano Solo
M-13 Locked Out Of Heaven
M-14 Just the Way You Are
アンコール
M-15 Uptown Funk
(2018/04/11@さいたまスーパーアリーナ)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  3. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…

関連記事

  1. ライブレポート

    コールドプレイの来日公演を観て……

    個人的には8年ぶりのCOLDPLAYということになる。あの当時は、…

  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1617

    日本最大級の屋内フェス。そもそも冬に大規模なロックフェスを…

  3. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2018 3日目ライヴレポート

    大型連休だから各所で色々な催し物が開かれているけど、ゴールデン…

  4. ライブレポート

    【VIVA LA ROCK特別編】スガシカオ20周年を祝う

    昨日までのVIVA LA ROCKの延長戦だ!スガシカオな…

  5. ライブレポート

    DEVILOCK NIGHT THE FINAL

    「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」ってR…

  6. ライブレポート

    ジャンプのタイミングが分からんw(サマソニ2011)

    会場の至る所にセキセイインコのようなカラフル且つ、ダイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP