ライブレポート

桑田佳祐4年ぶりのソロ年越しライブ初日を観る!

kuwata2016

この日のステージに大きな意味があるとすれば桑田佳祐が還暦になって初めてのライヴと位置付けられるだろう。そう、桑田も還暦を迎えたのだ。しかし、今年は自身がこの国で構築してきた大衆ポップの焼き直しをすることなく「ヨシ子さん」という他を圧倒する曲で世の中に切り込んだり、時流の読み方、その挑戦的な姿勢は引くことを知らない。
この日のライヴも、還暦のミュージシャンにしては実験的でありながら大衆娯楽として完璧にこなす。このライヴのセットリストを改めて見ると、ソロ作品から必ず1曲は入れてくるところからも、2016年現在の桑田のソロライヴとしては集大成的なものであったし、彼の自身の音楽活動を、時にリリース時系列に沿って着々と歩んでいるようなものだった。
しかし、それは同時に多くのファンの人生の轍と重なる。「あ~この曲が流行した時、苦しかったな・・・けど、こうして俺は桑田佳祐を見て感動している、それって結局まんざらでもない人生だな」とかね。個性を大衆化できる音楽家は類稀なる天才としか形容し難い。

そして何よりも、この日の桑田佳祐はニュートラルだった。歌詞を忘れることは珍しくもないが(少し多かったが笑)、そんなミスを観客が完成でフォローする。距離感の短さと長年で構築された信頼関係で成立する瞬間を垣間見た。客だって年を取る。それでも、桑田佳祐は第一線をひたすら圧倒的な質の楽曲を以て、大衆文化の象徴を成し遂げる。個人的には歌謡曲路線から脱してほしいと切に願っているわけだが。
2017年はおそらく新作アルバムと全国ツアーだろう(そして2018年のサザン40周年、2020年の東京五輪と続く)桑田は歩みを止めない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 邦楽

    細美武士の新たな門出に祝福を!

    MONOEYESの新譜を聴いた。エルレ休止直後のthe…

  2. 邦楽

    GReeeeNがTV初出演することに苦言を呈す

    ヒットすればいいって話ではない。歯科医と二足の草鞋を履いて歌手…

  3. 邦楽

    2011年素晴らしき邦楽たちTOP10!

    早いもんで、あと2週間で今年も終わりってことで、去年、意外に反響の…

  4. ライブレポート

    踊る阿呆

    PITBULL、KESHA、ジャミロクワイ、リアーナ・・・…

  5. 邦楽

    今年の桑田佳祐はソロ!新曲「ヨシ子さん」も発売決定!

    JTBやUCC等、最近やたらCM出演が多く各々に新曲を提供して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
PAGE TOP