ライブレポート

桑田佳祐4年ぶりのソロ年越しライブ初日を観る!

kuwata2016

この日のステージに大きな意味があるとすれば桑田佳祐が還暦になって初めてのライヴと位置付けられるだろう。そう、桑田も還暦を迎えたのだ。しかし、今年は自身がこの国で構築してきた大衆ポップの焼き直しをすることなく「ヨシ子さん」という他を圧倒する曲で世の中に切り込んだり、時流の読み方、その挑戦的な姿勢は引くことを知らない。
この日のライヴも、還暦のミュージシャンにしては実験的でありながら大衆娯楽として完璧にこなす。このライヴのセットリストを改めて見ると、ソロ作品から必ず1曲は入れてくるところからも、2016年現在の桑田のソロライヴとしては集大成的なものであったし、彼の自身の音楽活動を、時にリリース時系列に沿って着々と歩んでいるようなものだった。
しかし、それは同時に多くのファンの人生の轍と重なる。「あ~この曲が流行した時、苦しかったな・・・けど、こうして俺は桑田佳祐を見て感動している、それって結局まんざらでもない人生だな」とかね。個性を大衆化できる音楽家は類稀なる天才としか形容し難い。

そして何よりも、この日の桑田佳祐はニュートラルだった。歌詞を忘れることは珍しくもないが(少し多かったが笑)、そんなミスを観客が完成でフォローする。距離感の短さと長年で構築された信頼関係で成立する瞬間を垣間見た。客だって年を取る。それでも、桑田佳祐は第一線をひたすら圧倒的な質の楽曲を以て、大衆文化の象徴を成し遂げる。個人的には歌謡曲路線から脱してほしいと切に願っているわけだが。
2017年はおそらく新作アルバムと全国ツアーだろう(そして2018年のサザン40周年、2020年の東京五輪と続く)桑田は歩みを止めない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  3. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  4. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. ライブレポート

    SUMMER SONIC 07

    もはや来ることが宿命・・・SUMMER SONIC 0…

  2. 邦楽

    ユーミンがクリスマスに恋人がいないといけない風潮を作ったことを反省

    クリスマス・ソングと言えば、山下達郎「クリスマス・イブ」と…

  3. 邦楽

    女川町の臨時災害FM局が「TSUNAMI」を流す

    東日本大震災の被災地である女川(おながわ)町の臨時災害放送…

  4. 邦楽

    フェス初出演を経て勢い付くUVERworldが半端ない!

    今年のロッキンでバンド史上初となるフェス出演をしたUVER…

  5. 邦楽

    ワンオクRyota(Ba)の結婚相手が何とアヴリルの妹!

    いよいよ日本公演史上最大規模のアリーナツアーがスタートするON…

  6. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2015 vol.5

    今年は何だか例年よりも時間の経過が早かったです・・・1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  2. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  4. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. 邦楽

    マキシマムザホルモン2号店はどんなバンドが最適か真剣に考えてみた
PAGE TOP