ハリウッド

【遂にキス現場をキャッチ!】結局は別れられない二人・・・ジャスティンとセレーナが“まさか”の復縁❤

出典:easterneye.eu

腎臓移植手術後に元気な姿を公の場に見せ、世界中のファンをほっとさせたセレーナ・ゴメスだが、恋人であるザ・ウィークエンドと電撃破局した。その後、すぐさま入ってきたジャスティンとの復縁報道に世界中のファンが驚きと祝福の声に包まれている。もちろん、「またか」という声が最多数だろうが、ジャスティンのファン、通称ビリーバー達は、彼の恋人に最も相応しいのはセレーナの他にいないと考えている人が多数なのだ。

最初に、セレーナとウィークエンドの破局に気付いたのは、もちろん両者の目ざといファン。なんとインスタのフォロワー数が1人減っている異変に気付き、それが両者だと気付いたというのだから、熱心なファンの監視の目というのは、ある種とてつもなく優れているとも言えるし、少し怖い(笑)

そして、度々目撃されてきたジャスティンとの密会(バレバレではあるが)から、このまま復縁の可能性が大きいと言われてきたが、遂にそれを決定づける写真をキャッチした!


キス写真!

2017年11月中旬に、ジャスティンが毎週参加しているホッケーの練習場にセレーナが現れた時の様子だという。何度も交際しては別れを繰り返してきた二人。結局はモトサヤに収まったってことなのだろうか?

なぜセレーナはジャスティンを捨てきれないのか?

image source:http://www.imdb.com/

どちらかと言えば、今まではジャスティンがセレーナにゾッコンだと言われてきたが、今回ばかりはセレーナが歩み寄った感がある。ジャスティンは一時は結婚するとまで真剣に考えていたので、今回の復縁から一気にゴールインする可能性も否定できない。でも、何故セレーナはジャスティンから離れられないのか? それは、セレーナにとってジャスティンは“初恋”そのものだからである。

ジャスティン新CMもいい感じ♪

ジャスティンは何だかんだで、未だにアメリカのteenのハートを鷲掴みにしているのだろう。(今やショーン・メンデスや、オースティン・マホーン、チャーリー・プースなどには及ばないにせよ)。ただ、影響力が隋一凄いのはtwitterでの発言と、その後の世界の反応を見れば一目瞭然だ。今年、世界中で最も流行した曲「デスペラード」もジャスティンが参加したことで一気に拡散され、スペイン語部分が(発音が分からず)歌えない発言で、同曲を適当に歌うブームまで巻き起こすし。そんな影響力の強さから、今年2017年のスーパーボウル放送中での、T-MobileのCMでも抜擢され、スーツにメガネで変なダンスして話題となった。

今も絶賛放送されている、T-Mobileの新CMが如何にもバリバリなアイドル。
冬の寒い日に少女がT-Mobileで、ジャスティンの新曲「Friends」を聴き始めると、隣にジャスティンが登場して至近距離で歌い始める。まるで恋人に囁くかの距離感で。レストランや図書館でも隣でジャスティンがずっと彼女を見つめながら歌い続ける。

しかし、今はジャスティンの心はセレーナに再び振り向いているようである。

出典:https://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/37349.html

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  3. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 音楽

    ジェイムス・ブラント、あの曲に自身がウンザリ宣言w

    地球上の誰もが知ってる(だろう)懐かしい曲を・・・これがヒ…

  2. 音楽

    GAGAの結婚

    LADY GAGAが結婚したとか?しかも、無難に無名の…

  3. 音楽

    第10回 独断で選ぶベスト洋楽 TOP10 2018

    BTS(防弾少年団)の人気が世界規模で拡大。テイラー・スイフト…

  4. ニュース

    【のんぽり?バカ?】テイラー・スイフトがバッシングの標的に!

    先日マドンナはじめ大勢のセレブも参加した、女性による反トラ…

  5. 音楽

    ブルーノ完勝!

    今年のハーフタイムショー!圧巻でした!昨晩、全世界を横ノリ…

  6. 音楽

    ジャスティン・ビーバーが一般男性とガチ殴り合い

    そう聞くと、どうしても問題児ジャスティンを責め立てたくなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP