邦楽

SKY-HIの新曲「キョウボウザイ」が身震いするほど素晴らしい!

image source:http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27498


今年個人的に要注目しているアーティストの一人にSKY-HIという若きラッパーがいる。数年前にロッキンの会場で、一番小さな“DJブース”でパフォーマンスしているのを横目で見ていたような気がした程度で、じっくりとお目にかかったのはGWに開催されたスガシカオの20周年を祝うためのイベント“スガフェス”だった。そこで、ダンスグループのイケメン兄ちゃんが趣味や道楽でラップをやってるレベルではないことに驚愕するわけだが。
彼は、ご存知の通り、あのAAAのメンバー日高光啓だというのは顔を見て何となく分かる程度の浅はかな知識しかないが、ラップのテクニックにせよ、長き芸歴が成すステージ慣れした圧倒的パフォーマンスにせよ、ほぼ完成された状態で、今やAAAのメンバーとしてでなく、ソロとしてコアな音楽ファンの間でも頭角をあらわし、話題沸騰中なことは言うまでもない。

そんな彼が急遽「キョウボウザイ」という新曲を発表した。
まだ、「Trap系のビートいくつか作ってるトライアル中」という仮状態での発表。それが意味することは何か? そう、彼は黙ってられなかったのだ。組織的犯罪処罰法改正案(通称・共謀罪)の内容の曖昧さ、法律としての隙を国民に納得させずに強行採決した感じのある状況を、彼はおとなしく見過ごすことができなかった。いちアーティストとして、いち有権者として。楽曲が完成するのを待っている余裕が無かったのだ。

そもそも、日本はテロ対策の国際条約には全て調印しているし、日本の刑法には、予備罪・準備罪があるから、テロ対策には共謀罪が無くても十分に対処できている。しかし、277個の共謀罪の対象となる罪には、政治家や警察の犯罪が見事に外されている。要は、共謀罪とは権力の強化に繋がる恐ろしいものと言っても過言ではない。権力が市民を監視し、物言う市民を委縮させる未来が待っている。言論の自由、表現の自由は失われる。

こういう時こそ、作家やアーティストの意見が重要になると思う。そんな中で、ここまでストレートに意見を発したSKY-HIのソウルには脱帽しかない。彼は賛否の意見を明確にはしていない。ただ、歌詞を読めば、状況を憂いているのは一目瞭然だ。こんな個性が10年もダンスグループに埋もれていたのは勿体無かった。いや、このタイミングだから良かったのか? 

昔から日本のラップは本当にどうでもいいことばかり言っていると思っているのだが。(そもそも、ラップ文化自体に社会性が絡むか否かは微妙だけども、再び日本でも『フリースタイルダンジョン』が話題になりラップ・ブームが再来の予感がするも、90年代のアメリカの真似事を未だにやるのか?って気もしている)RIP SLYMEなんかは、大衆POPとして、その辺を開き直って、技術を突き詰めている感じはするけど、KREVAなんか愚の骨頂でしかない。挙句の果てには、岡崎体育だ。ケンドリック・ラマーや、フランク・オーシャンのように、自らのリリックが魂の叫びであるような、世に一喝を入れるようなアーティストは誕生しないものかと思ってた矢先だった。
ちょっと意見を言おうものなら、ネットが炎上するがゆえ、委縮している日本の音楽界。
そんな中で彼が素晴らしいのは、誰もがしなかったことをやろうとしている点にある。
そして、(稚拙な表現かも知れないが)正しく彼の行いは誰よりも“ROCK”である。

SKY-HI、とんでもない才能が開花したことに喜びを感じる。
今一度、この「キョウボウザイ」の歌詞を見直したいと思う。
国民のフラストレーションが凝縮された歌詞にアドレナリンが湧き立つほど共感する。

木曜日朝四時 国民的な行事
色を変えた常識 説明ならば放棄
何らかの事情に 何らかの理想に
良い悪いの定規 それでつくるなんてホント正気?

燃えた家計簿に 火消しをするように 木を隠した森 丸出しでSorry
シンゾウには毛が生えて舌の数は無尽蔵 HP残り36ポイント
保護するのは秘密の方でテロと五輪歪な項で
組み合わせてできたそれで治安維持しようぜ
右左錆びたシーソー 気にしない アホらしいよね
決して否定はしない 絶対悪などいやしない
ただ有権者の立場で一意見だけ発したい
だってラッパーはニュース出てもギャグラップやめてくれもう沢山 胡散臭い
海岸からミサイル 対岸にはトランプ
国内外この調子で既に点る黄色のランプ
なんでこんなタイミング
安心できる方がおかしい 半信半疑
朝目覚めりゃ終わってる会議

保守にもリベラルにもクジラックスや詩織さんにも愛を
それはそうと強行で許容で共謀て

ねえやっぱちょっとキョウボウじゃない?
ちょっとキョウボウじゃない?
ねえやっぱキョウボウじゃない?
ちょっとキョウボウじゃない?
謝った方がいいかソウカ
たまったもんじゃない

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  4. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  5. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…

関連記事

  1. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

    毎年恒例になり今年で記念すべき10回目を迎えることになりました…

  2. 邦楽

    サマソニに和田アキ子

    毎年必ず入れてくるブッ飛び要員。少女時代、TOKIO、…

  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート

    いよいよ今年のロッキンも最終日である。後半週は、天気予報では雨…

  4. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感じる理由とは?

    つい数か月前に人気デュオゆずが「ガイコクジンノトモダチ」という…

  5. 邦楽

    KEYTALK新作「HOT!」が素晴らしすぎた!

    新世代バンドが次々現れ、エゲツナイほどの速さで取捨選択が行…

  6. 日記

    ネット批判が完全正義な世は如何に~前編~

    かつてMY FIRST STORYのHiro(Vo)が某ネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  2. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
PAGE TOP