邦楽

サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

出典:@sasfannet


サザン40周年ライブをLVで観る。個人的な話になるが、サザンのファンクラブ「応援団」歴も20年弱になる。人生の半分をサザンと共に過ごしてきた。時には片道7時間かけて浜名湖行ったり、本気でコアなファンやるのは物凄いお金と労力を要する。その活動力の源こそサザンであると感じたと同時に、サザン楽曲が持つ無敵加減と、それをライヴでやることでの高揚感って、やっぱ最高なんだと再確認した衰え知らずの物凄いライヴだった。

実に3年半ぶりのサザンである。やはり桑田佳祐はバンドが似合う。サザンが似合う。あまりに巨大な存在になり過ぎてフットワークが悪くなり、バンドとしての体を成しているかの議論はいろいろあるだろうが。桑田の後ろにムクちゃん、弘、毛ガニ、原坊がいる。当たり前だが、これこそサザンだ。桑田が中央に佇んで俯瞰で見て最もしっくり来る光景なのだ。桑田ソロ以上の多幸感がサザンには満ち溢れている。

40年を迎えても実数値で売れ続けているのはサザンくらいしかいない。バンドが半世紀弱も旬で居続けるなど日本の芸能界を振り返っても、世界中見渡しても前例がない。サザンとは、ある意味の奇跡である。周年の割に活動が少ないことが波紋を呼んでいるが、約3000人しか収容できないNHKホールという小規模ステージで前代未聞な周年ライヴをやったサザン。「涙の海で抱かれたい」「真夏の果実」「愛の言霊」「みんなのうた」「勝手にシンドバッド」日本の夏を彩ってきたお馴染みの楽曲満載のサービス精神。様々な想いが渦巻く。
ただ、桑田佳祐は周年とかエポックメイクを嫌う。往年の人気曲をやることに消極的である。新しいものを常に見せていくことに強い拘りを持っている。映画主題歌として書き下ろしたという「闘う戦士たちへ愛を込めて」も披露された。前作『葡萄』の時からサザンはリアルを曲に反映してきた。その潮流を受け継いだ新曲である。テレビやラジオはもちろん、コンビニなど町中から流れている大衆歌にもなっている。ここが凄い。懐古主義には走らないのが名実共に第一線張っている由縁だろう。



もう一点、何故サザンがそういうポジションでい続けられるか根本的な理由が分かった気がした。サザンは青臭いからだ。ドームやスタジアムのサザンは国民的大御所バンドの風格が凄まじい。けど、今回のようなホールという小規模なライブだとキャリア以上に親近感が勝る。近所のおもろいおじちゃんオーラが半端ない。いつまでも、僕らのサザンなんだ。だから、良い。
そんなサザンと過ごす夏が来る。ロッキンで会える。酷暑である今年の夏を吹き飛ばす元気なサザンの姿を見たい!

2018/06/26

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【徹底比較】映画のエズラとドラマのグラント“フラッシュ”に適してるのはどっち?
  2. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  4. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKUYA∞にガチギレした…

    GW真っ只中である。音楽好きにとってはフェスは夏だけのイベント…

  2. 邦楽

    復活ライヴの対バン相手をワンオクにしたことで感じるエルレの決意とは!

    意外な対バン相手に驚く。10年ぶりに奇跡的な復活を遂げたELLEG…

  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 1日目ライヴレポート

    1年の終わりに相応しい過ごし方と言えば、もうこのフェスに来るこ…

  4. 邦楽

    バンプ新曲「虹を待つ人」MV公開

    惜しくも行けなかった8月9日のQVCマリンフィールドでのスタジ…

  5. 邦楽

    活動終了のBOOM BOOM SATELLITESにアーティストからコメント続々

    川島道行の体調の問題により活動終了を発表したBOOM BOOM…

  6. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!

    2018年1月22日珍しく大雪だった。関東地方は大騒ぎ。交…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  3. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  5. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
PAGE TOP