邦楽

発表!2014年素晴らしき邦楽たち!!

出典:ramenparados.com


もはや、年末の恒例行事!
俺が独断と偏見で勝手に選ぶ、“今年素晴らしいと思った邦楽TOP10”の発表でっす!
毎年、賛否両論のご意見頂きますが、気楽に見てくださいね♪

第10位 「FAKE」MY FIRST STORY
最高です!兄バンドをも凌ぎ、近年のハードロックの中でも群を抜いて素晴らしい!

第9位 「NO WAY」THE BAWDIES
安定の高好感度ロックンロール!彼らは本当に自分の好きなことをしてる感じがいい!

第8位 「サーチライト」玉置浩二
日本一の歌唱力を持つ天才シンガーの底力を見せつけられた。「田園」以来の感動!

第7位 「起死回生STORY」THE ORAL CIGARETTES
新たな才能に歓喜の喝采を!とにかく斬新!かっこいい!冒頭のギターリフが最高!

第6位 「NIPPON」椎名林檎
林檎節大炸裂!これぞ林檎流、日本応援歌!近年の彼女の代表作に相応しい!

第5位 「ナノ・セカンド」UVERworld
大衆ロックから本格ロックバンドへの進化と覚醒を感じる大傑作が生まれた!

第4位 「MONSTER DANCE」KEYTALK
邦楽ロックの流行・主流に忠実な4つ打ちビート!純粋過ぎるアグレッシブさが良い!

第3位 「フルドライブ」KANA-BOON
初めて聴いて全身に電撃が流れた!KANA-BOON節が最高潮に開花した最高ロック!

第2位 「東京VICTORY」サザンオールスターズ
ここ10年間の桑田楽曲の中でも最も壮大でドラマチック!サザン史に輝く名曲の1つ!

そして、2014年を制覇した栄えある頂点に輝いた曲は?・・・

第1位 「ray」BUMP OF CHICKEN
涙が出るほど感動し、勇気が出るほどポジティブ・・・邦楽の理想郷に達した大傑作!

如何でしょうか?今年はこんな感じです!

来年もまた素敵な楽曲が、この国から生まれ、この国で聞かれて育ち、多くの人を感動させる、そんな、音楽が紡ぐ最高なループができればと思うのみです!
CDでもダウンロードでもなんでもいい!音楽を聞こう!音楽と生きていこう!と声高らかに叫びたいです!今年の楽曲たちには、そんな気分にならせて頂きました。
来年はどのような曲が聴けるか非常に楽しみです★
See You NEXT YEAR!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…

関連記事

  1. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考える

    邦楽ロックが好きな皆様こんにちは。皆さんがライヴ行く中で違和感を覚…

  2. ライブレポート

    【速報ライブレポ】THE ORAL CIGARETTES初武道館を観て感じた、このバンドの現代におけ…

    バンドの初武道館ライヴは特別な意味を持つのは言うまでもない。初…

  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!(セトリもあるよ)

    ここ数年は空前の邦楽ロックブームなわけである。「好きな音楽のジャン…

  4. 邦楽

    ゲスの極み乙女。活動休止

    川谷絵音が未成年の女性タレントを連れて飲酒をしていたことが…

  5. 邦楽

    気づけばホルモンの勢力が半端ない

    もはや新作の大ヒットがそれを表しているように、いちロック・バン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP