邦楽

復活ライヴの対バン相手をワンオクにしたことで感じるエルレの決意とは!

出典:http://ellegarden.jp
© ELLEGARDEN


意外な対バン相手に驚く。10年ぶりに奇跡的な復活を遂げたELLEGARDENのワンマン・ツアーの対バン相手がONE OK ROCKだというのだ。細美武士をはじめ、もっと旧知の仲のバンド仲間はたくさんいるだろうし、ワンオクとの繋がりがあったことさえ知らなかった。どことなく、ELLEGARDENは叩き上げでライヴハウスからカリスマ的地位に上り詰めた感があるのに対し、ONE OK ROCKも実力派であることは間違えないが、所属事務所が大手芸能プロであることから、タイアップ、プロモートバンドのイメージが払しょくできずにいる。
対極な二組だなと思うのだが、細美が自身のラジオ番組「Hedgehog Diaries」(bayfm)でELLEGARDENの復活はTakaがインスタで綴ったりとか、直談判したりとか色々な助けがあったことを暴露した。また、細美がTakaをヴォーカリストとしての実力を評しているという。当然、Takaもエルレを敬愛しているのは公言していたらしい。要は、相思相愛。

2000年代に絶大なカリスマ性を発揮し不動の人気を誇っていたELLEGARDEN。日本人バンドの世界進出がさほど盛んでなかった頃でもあるが、言わずもがな、特異な存在感を世界で発揮し、国内では収まりきれない活動をしていた。英詩が大半のため海外での評価も高かった。
ワンオクも今や世界基準のバンドである。今年2018年の5月に初のドーム公演を行ったが、チケットの取れなさは尋常では無かった。今やチケット入手が最も困難なロック・バンドかも知れない。そんな彼らがデビューしたのは、2007年のこと。ELLEGARDENが活動休止する僅か一年前である。そこから、武道館、横アリとライヴ規模を拡大していく速度は凄まじく速かった。2010年代のことである。このように、2008年に人気絶頂で突然の活動休止を発表したELLEGARDENに代わるようにワンオクは台頭してきた。もちろん、ワンオクだけではない。他のバンドもELLEGARDENの椅子を狙うかのように人気を得て行った。[Alexandros]なんかもタイミング的には被る。

[PR]

2000年代のロック・シーンを牽引してきたELLEGARDEN。2010年代のロック・シーンを牽引してきたONE OK ROCK。何か相思相愛以上に宿命めいたものを感じる。まったくの妄想話になるが、世代も違う、現代最も人気を博しているワンオクを対バン相手に選んだのは、ELLEGARDENが現代に通じるかの挑戦であると思える。各メンバーは活動を続けて来たにせよ、エルレは10年前のバンドである。楽曲も10年以上前の楽曲だ。今聞いても古臭さは全くないが、これだけの長期間休止してきたバンドを再度稼働させるというのは想像以上に大変なことだと思う。
よく90年代の伝説的なバンドが復活して話題になったりするが、結局は最初だけ。持久力が無い。新曲が浸透しないのだ。復活ライブも昔のファンの懐メロカラオケ大会で終わってしまうのを肌で感じていた。それでは、復活させたい意味が無い。エルレは強い決意を持って休止し、それ以上に強い決意を持って復活した。毎年毎年、その熱き思いをブログに綴ってきた細美の言葉に表れている。30代40代の旧来ファンと同窓会で終わらせても仕方ないという姿勢が感じられる。ワンオクと対峙することで現代に真の意味で復活できるか真剣勝負を挑んでいるように思えるのだ。伝説と現役が交わる時、どんな光景が広がるのか? 今から楽しみだ。

まだまだ先と思っていた復活ライヴまで一カ月を切っている。
日本のロック・シーンに凄い時代が始まる気がしてならない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. 邦楽

    KEYTALKの八木にゃん

    待望の新作発売まで1週間のKEYTALK!ドラムの八木…

  2. 邦楽

    桑田佳祐が「ヨシ子さん」でやりたかった開放

    本格的に音楽番組への出演など精力的なメディア戦略を始めた桑…

  3. 邦楽

    【SMAP急上昇】購買運動の意味ってあるのだろうか?

    解散まで1カ月半となった戦後最大のアイドルグループSMAP…

  4. 邦楽

    2010年素晴らしき邦楽たちTOP10!

    俺は洋邦雑食なので邦楽だってガッツリ聴いてます。今年も終わりな…

  5. 邦楽

    遂にサザン超え!SMAP「世界に一つだけの花」が歴代3位に!

    1位 453万6400枚「およげ!たいやきくん」子門真人(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
  2. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  3. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
PAGE TOP