邦楽

祝快挙!KEYTALK最新作「PARADISE」が週間チャートで初登場2位!

大快挙です!
KEYTALKの最新アルバム「PARADISE」がオリコン週間チャートで初登場2位を記録!
主な楽曲制作をひとりで担ってきた義勝(Vo/B)主導の体制から、シングル「MATSURI BAYASHI」以降メンバー全員が作詞作曲を担当し始め、ロック・バンドとしての機能性を高めてきた彼らが、今の自分たちの姿、バンドとしての力を十分に発揮し示しつけるのに十分な説得力を持った傑作だった。

巨匠(Vo/G)の「Oh!En!Ka!」など義勝とは一線を画す直球ロック感が気持ち良いし、それは武正(G)も然り、「秘密」など爆裂パンクを手がけた八木氏(Dr)は相変わらずぶっ飛んでるし、同時にこれは義勝楽曲で群がってきた往来ファンとしては、得手不得手も出てくるだろうが、多様性が生まれているという点では、まさしく進化と言える。
そして、それでもやはり、その楽曲群でも光る首藤義勝の類稀なるポップセンスに唸る。本作のリード曲「Summer Venus」では、想定外のEDM要素を取り入れ、ロック界無二のお祭りバンドとしての意思表示とバンドの方向性を顕著に表現、ファンが何を求めているのか、自分たちが何を表現すべきかを見据えている洞察力は流石だ。桑田佳祐を崇めているという義勝の、現代のサザンとも言える、まるで新時代のポップ・ソングのスタンダードを構築しているかのようなアプローチを見事に成功させている。

思えば彼らはテレビ露出を避けているわけでもないが、地上波番組には縁遠い存在だ。
それでも着々と人気と知名度を拡大し続け、遂に横浜アリーナ公演が決定した。もはや、アリーナクラスのバンドなのだ。こんなに早く、このバンドが成長するとは誰が想像していただろうか?
時代に選ばれしロックバンドの成長物語に一緒に歩めることに喜びを隠せない。その進化を感じるためにも必須の作品だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  3. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  4. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 邦楽

    人気YOUTUBER「Fischer’s」がロッキンに出ることの違和感をバチコン言ったる…

    国内最大級の邦楽フェスにYoutuberの賛否ロックか否かはど…

  2. 邦楽

    三代目JSBレコ大ノミネートすら逃す(悪意に満ちた指摘・・・笑)

    聴いたこともない曲で二連覇した三代目JSBが今年は候補にも…

  3. ライブレポート

    BUMP OF CHICKEN 20周年記念ライブを観る!

    今日のコンセプトの根底には仲間との「共有」があったように思…

  4. 邦楽

    仮面ライダー×スーパー戦隊「超英雄祭」を見るため日本武道館に行った

    我々の時代は「後楽園遊園地で僕と握手」だったけど(今もその…

  5. 邦楽

    発表!2013年素晴らしき邦楽たち!!

    毎年恒例!もう今年も、この企画を発表する時期になってしまいました!…

  6. 邦楽

    同性代が感じる嵐の活動休止に対する共感

    嵐が2020年末を以て活動休止することが発表された。ファン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  3. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  4. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
PAGE TOP