グラミー賞

カニエの問題行動…その時会場は?

今年のグラミーは特に退屈だった印象が拭えなかったと俺も思ってるんだけど
その中で、その問題行動で別の意味で盛り上げたカニエに注目が集まるのも無理ない。

カニエが壇上に上がった瞬間!
ファレルはドン引き、Jay-Zは「やめてくれ」と言わんばかりに首を振り、ビヨンセも「カニエ、NO!」と困惑した表情・・・結局何も言わずに壇上から降りたことで、一気に皆が安堵の表情になり、笑い飛ばしたことで彼の行動は、その場では救われたけど

そもそも、そこまでベックが選ばれたことはいけないのか?
確かに今回の作品はベック史上最高傑作でもないし、カニエが言うようにビヨンセでも良かっただろうし、俺が推してたファレルでも良かったし、大方の予想のサム・スミスでも良かった。
しかし、各音楽情報媒体では、今回のベックの新作の評判はすこぶる良かった!
ましてや、ベックはまだまだ第一線である、たまに古典歌謡が選ばれることでグラミーの保守性を憂うが、今回は違うし、これはこれで結果として受け入れるべきだと思ったりします。
結局、カニエのフラストレーションは、グラミーがHIPHOPそのものを冷遇してることなんだと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!

関連記事

  1. グラミー賞

    【グラミーショック余波】フランク・オーシャンが「年寄りの賞」と反撃

    世界中の予想を裏切りビヨンセの大名作『Lemonade』が…

  2. グラミー賞

    グラミー結果(テイラー・スイフトが史上初の快挙!)

    ◆年間最優秀レコード 「Uptown Funk」 マー…

  3. グラミー賞

    アデル圧勝!グラミー賞2012

    凄い!まさか、ここまで独占するとは・・・一昨年、ビヨンセが…

  4. グラミー賞

    【いよいよ明日はグラミー】ビヨンセ悲願達成なるか?

    いよいよ明日に迫ったグラミー賞!今年は最優秀アルバ…

  5. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
PAGE TOP