音楽

全米絶賛!アデル歓喜!コーチェラでのビヨンセが歴史的パフォーマンスで世界を圧倒した理由とは!

Copyright © Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

米国を代表する野外フェス「コーチェラ・フェス」にビヨンセが2日目のヘッドライナーとして登場。そのパフォーマンスがあまりにも素晴らしかったとして、各米国の音楽媒体はもちろん世界中から称賛の声が上がっている。通称「Beychella」と特別に命名された、この歴史的パフォーマンス。100人以上のダンサーを引き連れ、夫であるJAY-Zと共演、Destiny’s Childを復活させるなど、完全に話題を独占。女王ぶりを証明させた。
ビヨンセは昨年2017年にコーチェラ出演が決定していた。しかし、ご存じの通り、双子を妊娠したことでキャンセル。代わりに、来年こそは出るという約束をしていた。

ビヨンセは日本でもフェス出演を果たしている。2009年のサマソニである。筆者もその場にいたが、ちょうどサマソニ10周年の年でもあり、ステージが花道が作られており、すぐ数センチ目の前までビヨンセが来た時は、その圧倒的オーラに鳥肌が立ったし、何よりも観客ゾーンは揉みくちゃだった(笑)その時に感じたのは、もはやサマソニではなく、ビヨンセのライヴだったということ。完全に大型フェスを喰っていた。ビヨンセが現代における世界の女性ポップ・アイコンたる由縁を示した。今回のコーチェラでも同じ偉業を成し遂げたようだ。



ビヨンセの凄さは、緻密に計算し尽くされた肉体的なパフォーマンスにある。1秒も1ミリもズレの無い完成されたステージ、その隙の無さはどんな言葉にも形容しがたいものがある。まさに無敵である。
コーチェラの初の黒人女性ヘッドライナーである以上に、ビヨンセの今回のパフォーマンスには歴史的な偉業があるとさえ言われている。それは白人の観客が圧倒的に多いとされるコーチェラにおいて、彼女は堂々とブラック・カルチャーをやってのけたことだ。これまで、黒人文化は白人に如何に受け入れられるかという遠慮の中で成立していた。ホイットニー・ヒューストンがR&Bから白人受けの良いポップに転向していったように。オバマやオプラが権力化するために黒人文化から離れ、白人に擦り寄って行ったように。

世界中で社会現象となった映画『ブラック・パンサー』もそうであるように、今はブラック・カルチャーが世界的に人気である。今回の「Beychella」然り、白人への配慮は不要となった。そんな時代の転換を感じさせたビヨンセに改めて感銘し、心の底から拍手を贈りたい。

そして、ビヨンセのパフォーマンスを見たアデルのはしゃぎっぷりも話題だ(笑)

Mood 1 #Beychella

Adeleさん(@adele)がシェアした投稿 –

参考出典:www.cinra.net/column/201804-beychella

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  4. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. 音楽

    来年のハーフタイムショーはGAGA!

    アデルという噂が絶えませんでしたが、アデル本人が完全否定。…

  2. 音楽

    GAGA祭り~前夜祭~

    いよいよ明日はLADY GAGAのライヴのヤッホイな日です!!!G…

  3. ライブレポート

    ノエル武道館初日でライヴ泣き!

    個人的にはオアシス解散直前の来日公演以来なので、6年ぶりと…

  4. 音楽

    今年のスーパーボウルで忘れてはいけない人がもうひとり

    堂々たる国歌斉唱をやりのけた、LADY GAGAです!久々!…

  5. 音楽

    米ローリング・ストーン誌が2000年以降のMVベスト10を発表

    1位 レディー・ガガ「バッド・ロマンス」2位 ビヨンセ「シ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  2. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  4. 音楽

    2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
PAGE TOP