ニュース

続・トランプ当選に対する音楽界の反応

radiohead2016

レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出た後にツイッターで「Burn the Witch」の歌詞の一部を上げたことで話題を呼んでいる。
avoidall eye contactdo not reactshoot the messengersthis is a low flying panic attacksingthesong of sixpencethatgoes
(理性すら捨てて 目も合わせず 送信者を撃つ まるで低空飛行の攻撃 6ペンスの歌を歌おう)
この曲は「メディアが大衆を操作」していることへの皮肉がテーマ。

トランプが当選したら米国から出ていくと言っていたマイリー・サイラスは
「今でもヒラリー氏は初代女性大統領になるのに相応しいと思います。(中略)これを口にするのは心が痛みますが、トランプのことを大統領として受け入れます。皆が歩み寄ってくれるように希望を持っていたいから。(中略)でも、お願いですから他人に対しては共感と敬意をもって接してください。」と悲痛のコメント。
トランプ当選したら地球脱出すると言っていた御大シェールは
「若者たちのことを思うと気の毒だわ。トイレの絵文字を彼のシンボルとして使う」と痛烈なコメント。

そして、トランプ陣営に何度も無断で楽曲使用され抗議してきたストーンズのミック・ジャガー。
日本のマスコミはトランプの勝利演説で暴言が緩和しているとほざいていたけど、その演説の終盤でトランプ氏が去る際にストーンズの「無情の世界」(サビが「ほしいものがいつも手に入るとは限らない」という歌詞)を流すという、ヒラリー候補と支持者に究極の<嫌味>を示した時点で俺は、本当に嫌な人間だと確信した訳だが、ミックは
「ひょっとして就任式典で僕に“無情の世界”を歌えとか言う気か。はは」と辛辣なコメント。

R&Bの大御所スヌープ・ドッグは「トランプ大統領だってさ。マジかよ。これまで一度も行政・政治経験なしだって。なんて世の中だ。」と憂いている。
また、ラップ業界で初めてマイノリティにスポットを当て普遍的な愛を叫んできたマックルモアは「今日起きたことについて失望して衝撃を受けて動揺させられている。(中略)俺は娘に愛することを教えよう。すべての人を、肌の色、性別、宗教観、性的指向、出生地など関係なく愛することを。」とコメント。

セレブ達の怒りも、まだまだ収まりそうにない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 音楽

    1D、2016年春から活動休止

    4人体制後、初となる新曲「Drag Me Down」をリリース…

  2. ハリウッド

    ジョニー・デップ本人がディズニーランドに出現

    楽しみ過ぎて失禁しそうなくらいでいる!世界的大人気映画シリ…

  3. アカデミー賞

    ジョディ・フォスターが遂にカミングアウト

    先日のゴールデン・グローブ賞で話題をかっさらったのは他でも…

  4. グラミー賞

    最近の若者はBECKを知らない?

    今年のグラミー賞で最も権威のある賞である最優秀アルバムを受…

  5. 音楽

    【祖国統一を願う】GAGAにしか出来ないハーフタイムショー

    競技場の屋根に登場し「God Bless America」と「…

  6. グラミー賞

    グラミー賞予想

    もういくつ寝ると、グラミー賞。今年はアデルの一人勝ちになる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  2. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
PAGE TOP