テレビ・芸能人

海外メディアも報道する「たけし独立」結局何が原因なのか?今後のたけしはどうなる?

DVD「たけし・さんまの有名人の集まる店」より

たけしが「オフィス北野」から独立する。何か腑に落ちない部分もある。フライデー事件があって、太田プロから独立するって際に、たけの個人事務所って形で作られた芸能事務所なわけで。いわば自分でラーメン屋出して、店長でいながらも他でラーメン屋やるって、よくよく考えれば変だよな。
「愛人と軍団の中が悪かったから」とか「高騰したギャラの大半が売れないタレントに食いつぶされるのに我慢できなくなった」とか「芸の無い軍団をキャスティングさせる恩義でやりたくない仕事もやってるのが嫌になった」とか、まぁ憶測はわんさか出てくるわけで。必要のないと思われる独立だけに仕方がないのかも知れないが、憶測がみみっちいものばかりで、たけしフリークとしては、この人の器のデカさや、懐の深さに惚れ込んでるもんで、どれもこれも「バカヤロー」って思うんだけどな。

事務所の運営側との問題はあったのかもしれないけど、移籍先が愛人が経営する会社だというからややこしい。昔から、キヨスクの女にマンション買ったり、細川ふみえと交際してた時に夜中バイクで会いに行こうとするし(結果、事故るが)。殿は意外に女に弱い。バラエティの本番中に財前直美を本気で口説き出すしね。いくら世界のキタノ言われても、人間の中身は実に芸人らしい行動を取るもんだなと思った。むしろ、感心してるけどね。




世界的な映画監督でもある。今回の独立は数々の海外メディアも報じている。海外での話題になっているのは、森友文書改ざんと、たけしの独立くらいだから、影響力が凄まじい。

まずは、米バラエティ誌。ウケたのは、記事内で「たけし軍団」を「Takeshi’s Army」と紹介したてこと。それじゃ、まるっきり本物の軍隊になっちゃうんだわ。何も殿はフライデー以外は武力行使してないから(笑)
The Hollywood Reporterは『HANA-BI』で1997年の金獅子賞を受賞した映画監督として紹介された。え、知らないの? って感じでしょ。気になるのは、殿のアメリカでの知名度なんだよな~。ヨーロッパでは絶大な敬意と知名度を誇るにせよ、大国アメリカでの高評価ってのは聞いたことが無い。
ただ、スカーレット・ヨハンソン主演作『ゴースト・イン・ザ・シェル』で、たけしの参加が決まった際には「日本映画界の伝説が参戦」「このキャスティングは賢明」と紹介されたことから、アジア圏の著名な映画監督と言う認識はあるようだ。ま、一部にせよ。一応、オスカー投票権も持っているしね。
他はDeadlineとかでも報じられたようだ。

我々の世代は物心付いた時から、「ビートたけし=テレビの象徴」だったもんだから、居ればいいっていう存在。重要なのは、変わらずにテレビに出続けてほしいということ。ま、SMAPと違って独立組に対してテレビ局がジャニーズ事務所と忖度してるもんだからって、一斉に無視するようなことはないとは思うけどさ。俺としては、殿と軍団の絆とか、年末とかに見る、たけし軍団の番組のくだらなさが好きだったんだけどなぁ。ああいうの見れなくなるかもしれないと思うと寂しい以外の何者でもない。



(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. ニュース

    アメリカ史上最悪の銃撃事件にセレブが次々と追悼

    こんなことが許される世界であってはいけない。この度…

  2. ニュース

    アーティストからパリへメッセージ

    パリで起きたテロを受けて世界中のミュージシャンからメッセー…

  3. ニュース

    3.11

    あれから6年。まだ癒えぬ傷と共に、あの日生き延びた者の宿命として、…

  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

    ノエル・ギャラガーやBECKといったギター・ロックの大御所がヘッドライ…

  5. ニュース

    ノーベル経済学賞教授が消費増税中止を進言

    先週の中頃、ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ米コロン…

  6. ニュース

    ジミー・ペイジ演奏無しで大炎上中

    ロック界で最も権威ある授賞式「CLASSIC ROCK AWA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  3. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
PAGE TOP