ニュース

アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて

image source:http://www.rollingstone.com/music/news/ariana-grande-blasts-gender-double-standards-slut-shaming-20150608


現代の世界的トップ・ディーヴァであるアリアナ・グランデのコンサート会場で爆発テロがあった。コンサートが終わった直後の通路で爆発が起こり、多くの犠牲者を出した大惨劇になった。その中には子供も含まれていたという。

音楽を愛する者として憤りを感じる。ライヴに多く赴く者として恐怖を感じる。
娯楽や表現を何よりも支持する者として、これほどやるせない事件はない。虚無感すら感じる。それは、事件に対するあまりのおぞましさや、暴力を前に、音楽やショウビズの存在価値を否定されたことから来ているのかもしれない。こういう事件は対岸の火と思ってはいけない。私もサマソニでアリアナを観たことあるし、昨年末に中止になった、さいたまアリーナの公演も行く予定だった。
今回の事件は決してアリアナだから起こったわけでもないし(アリアナは人気だからとか、そんな強引で馬鹿げた理由付けが許されるわけない)、歌手である彼女とテロは何の因果も無いのだが、私が見たアリアナのステージ時に同様のテロが起きてたら・・・と考えると決してすぐ海外の出来事だと消化されるものでない。

音楽というものは基本的に聴き手の感性をより良い物にしようというメッセージである。それが広がって、その人の人生を。もっと広がって、世界を・・・である。それを邪魔するなよ!

アリアナも相当ショックであろう。
ほぼ寝れていない状態が続いているという。
当然だ、自分を愛してくれる何の罪もない人間が犠牲になったのだから、当の本人としてはどんな感情を持ったらいいのか、想像を絶するものがあるだろう。

言葉が無いという彼女の言葉がリアリティだ。
今の彼女にテロに屈するなというのは無責任だ。音楽は戦いツールではないから。


心が痛みます。本当に本当に心の底から心苦しいです。言葉がありません。

何故、アリアナがsorry(謝罪の意味でなく悲しみに近い意味)と言わねばならないのか・・・
世界中のショウビズ界は岐路に立たされている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  2. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. 音楽

    ノエルのらしさ(Mステにいつもの暴言炸裂w)

    よく海外のアーティストが日本でのプロモーションで「スマスマ…

  2. 音楽

    【祖国統一を願う】GAGAにしか出来ないハーフタイムショー

    競技場の屋根に登場し「God Bless America」と「…

  3. 音楽

    1D脱退のゼインに現メンバーもブチギレ!

    脱退表明して間もなくソロデビュー報道された、元1Dのゼイン…

  4. ニュース

    【絶対に許せない】民進党議員がアカニンジャ―を政治利用

    今回の参議院選では自民与党をはじめとする改憲派が2/3を超…

  5. ライブレポート

    ホルモン勢力“急”拡大中!(サマソニ2011)

    はい!来ました!マキシマムザホルモン!暑さに臆する…

  6. ニュース

    ディラン、来年ストックホルムでノーベル賞受賞の記念講演を開催か

    今年のノーベル文学賞の受賞が決まったボブ・ディランが、20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  2. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP