日記

桑田佳祐の謝罪

桑田佳祐が謝罪した。
謝罪文の話ではない、桑田本人から直接言葉として聞いたのだ(ラジオ番組にて)。

謝罪文と違い、桑田の言葉にはアーティストとしてのプライドを感じた。
紫綬褒章に関しては徹底謝罪、しかしその他の誤解に対しては譲らなかった。
それでこそ、表現者であり、アーティストである!少し救われた気すら覚えた。

謝罪文が出た時に一部の作家は口を揃えた・・・「その程度の批判精神か」と。
しかし、そもそも、今回の騒動で桑田佳祐は何も批判していない。
「ピースとハイライト」は愛と平和を歌った曲で、紫綬褒章を冗談にし、照れ隠しで髭をつけた。
今さら賛否を言うつもりはないが、政治的意図などもなければ、何のポリシーもなかった。
明らかに世間が騒ぎ過ぎ、批判が一人歩きした。

俺としては、あの程度の発言や緩い風刺で謝らなければならない風潮が、まず息苦しいし、もっと言えば、ネット上の批判の便乗や、ストレス発散のために、愛国や天皇陛下を口実にしてるのならば、それこそ不敬そのものではないだろうか?と思っている。

それでも桑田は謝罪すべき部分に関して謝罪した。何故か?
サザンは事務所やレコード会社の関係者をはじめ、スポンサーなど守るべきモノが大きいのは言うまでもない。桑田はサザンとはバンド名でなく、プロジェクト名だという旨のことを、よく言う。膨大な数の人間がサザンで動く。桑田には、それを守る責務がある。今回の謝罪は、そういった意味合いだと思う。それ以上のことは必要ない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  4. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…

関連記事

  1. 邦楽

    ゲスの極み乙女。活動休止

    川谷絵音が未成年の女性タレントを連れて飲酒をしていたことが…

  2. ライブレポート

    ノエル武道館初日でライヴ泣き!

    個人的にはオアシス解散直前の来日公演以来なので、6年ぶりと…

  3. 日記

    捨てる神あれば拾う神あり

    滅多にしない仕事の話、激レアな俺のマジなボヤキw今週は…

  4. 邦楽

    a flood of circleに“また”新メンバー加入!「俺が最後のギタリストだ~」と叫んでファ…

    彼らが出てきた時は「ミッシェル・ガン・エレファントの再来か?」…

  5. 邦楽

    復活ライヴの対バン相手をワンオクにしたことで感じるエルレの決意とは!

    意外な対バン相手に驚く。10年ぶりに奇跡的な復活を遂げたELLEG…

  6. 邦楽

    恒例の大発表!2015年の素晴らしき邦楽たち!

    もはや、年末の恒例行事!今度は邦楽!俺が独断と偏見で勝手に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  2. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
PAGE TOP