映画レビュー

新生SWよりもSWっぽい?リュック・ベッソン監督、久々の娯楽映画の成功例『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

(C) 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION


『フォースの覚醒』と『最後のジェダイ』を観て感じていたことは、ビジュアル面での弱さだった。異星人が少ない。SWって奇妙な異星人が出てきてナンボの世界であるはずだけど、ほぼ生身の人間のドラマなのは、SFの伝説的映画の続編として物足りなさを感じた。そんな不満を見事にクリアしたのが、この『ヴァレリアン』だった。新SWは、リュック・ベッソンに作らせれば良かったんじゃないかと思うほどの独自性と奇抜さで、見事に世界観を構築。

その昔、まだ俺が中学生の時だったろうかベッソン監督作で『フィフス・エレメント』って映画があって、今見たら学芸会のようなものだろうけど、これもこれで、当時はビジュアル的には相当の革新的な映画だった。内容は大したものでは無かったけど。それの現代版とも言える圧倒的な美しさと、奇抜さで、それだけでも異次元に行ったような、SF映画の手本となるような作品だったと思う。


冒頭で次々と異星人がやってきては、人類と握手をし、巨大な宇宙年を形成していく様は、まるでEU離脱や難民拒否のトランプ政権など、ナショナリズム横行する世界へのアンチテーゼのよう。その過程のシーンのBGMが、デヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」なのもセンスが良い。冒頭の5分間で、心奪われてしまった。
意外だった。ここ数年のベッソン作品は『LUCY/ルーシー 』など、嘲笑レベルの駄作が続いていたからだ。今回も期待せずに観たが、ビジュアル面は当然のこと、その娯楽度の高いことに驚く。

宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールする連邦捜査官のヴァレリアンと、その彼女であるローレリーヌのカップルが、襲撃によって連れ去られたルー大柴似のお偉方を助けるために、宇宙をまたにかけた冒険に出る。しかし、それには陰謀が隠されていて・・・・・・って話。

主人公がカップルというのも、面白いところで、この映画って、まるでデート・ムーヴィーなんだよね。カップルのさり気ないデート中のいざこざを描いていて、男の言い分と、女の言い分が常に衝突する。彼女も彼女で引かない。逆に男を助けたりもする。ブルース・ウイルスが、美しい女優を体張って助けるとか、もはや、そういう時代じゃない。如何にも現代的なカップル像を描いたことが勝算だったように思える。演じた若手二人にも大いに拍手だ。

途中でリアーナが出てくる意味は、よく分からなかったけど。流石のパフォーマンス力を発揮してるので、一見の価値はアリかな。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  2. 映画

    【映画鑑賞日記】ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

    トム・クルーズは誰が何と言おうとスターだってことを再確認し…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】モアナと伝説の海

    冒険活劇として一級品だった。まるで『マッドマックス 怒りのデスロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  2. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  3. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  4. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  5. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
PAGE TOP