映画レビュー

『空飛ぶタイヤ』池井戸潤が感じる自分の正義を庶民的正義と重ね合わせた大衆娯楽の鑑のような傑作!

(C) 2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会


池井戸原作の映画を楽しみにしていた。初の映画化である。彼の作品は現代社会をリアルに描く。ドロドロした部分も。『半沢直樹』が社会現象になったように、その妙なリアリティが多くの支持を集めた。もはや、月9のようなお気楽な恋愛物語がチヤホヤされる時代に無いと言うことだろう。映画もドラマも虚構ではあるが、薄っぺらさや嘘臭さは通用しない時代、人々は「真」を求めている結果だと思う。
この『空飛ぶタイヤ』然り『陸王』然り、必ず大手企業と庶民の対比がされる。大企業や権力を敵視し、大衆の人気を勝ち得る。一見、容易なことのように思えるが、それこそ大衆娯楽だという確固たる信念すら感じることができる。“日本の9割は中小企業で出来ている。町のネジ会社が潰れては飛行機は飛ばない。”この精神を池井戸氏は大事にしている。池井戸作品は我々庶民に近しい思想を正義と位置付ける。

正義を問う話である。トラックの脱輪事故にはじまる、中小企業への世間からのバッシング。しかし、次第に浮かび上がるリコール隠しの疑惑。巨大権力なら握り潰すに簡単な事実を明るみに出すことの社会の理不尽さと、困難さを描く。もちろん、長瀬智也演じる中小企業の社長の追究もだし、大手自動車メーカー内でも内部告発が上がる。



リコール隠しを扱う秘密裏に行われる会議の存在を探るディーン・フジオカ演じる大手の課長も、希望職の異動という表向きの名目で出世街道から外されたり、高橋一生演じる銀行マンも大手自動車メーカーの疑惑に気付き立場が危ぶまれる。
(しかし、この主役級が集った面子がエゲツない。まるでステーキと寿司と鰻重を一気に食うような贅沢感と言うか、濃さ(笑)日本の芸能界と映画界の本域度を感じた。
ただね、いくらTOKIOが出ているとはいえ、製作陣の名前の列にジュリーK藤島の名前を入れるのは何か違和感がある。なんて言ったら大手企業に潰されるってか?(笑))
どうも同年代なもんで「白線流し」以来「池袋ウエストゲートパーク」とか「ムコ殿」のような社会派ではないイメージが強かったので、池井戸作品には合わなそうだなと思っていた長瀬智也が40歳を迎えて、いい味出してたのが意外だったなあ。変に英雄ではなく、いろいろ背負ってる頼りない背中が表現できてた。

組織とは何か? 信念とは何か? 正義とは何か?
何にすがって生きるが正しいのか。生きづらい世の中にこそ問うべき本質テーマをここまで娯楽作に仕立て上げた監督と役者陣に拍手だ! 現代社会で絶対に見るべき邦画!
そして、原作と映画の世界観を音楽として構成させたサザンの楽曲のマッチ度合が見事だった。



(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  3. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ハンターキラー 潜航せよ』もはや映画で米露が争う時代は過ぎた

    ロシアとアメリカの軍潜水艦が爆撃される事件が発生と聞けば「20…

  2. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

  3. 映画レビュー

    『ボヘミアン・ラプソディ』最高の伝記映画にして最高の音楽追体験のできる大傑作!

    身震いがした。全身の細胞が躍動しているのが分かった。それだけの…

  4. 映画レビュー

    映画の目的が変化を求めて闘うものとしたら、正しく『デトロイト』は真の映画である!

    重過ぎてノックアウト!緊迫と胸糞悪さと理不尽さが充満した4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  5. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
PAGE TOP