映画レビュー

『新聞記者』松坂桃李が出演したから映画として面目が保たれたと思うよ

(C) 2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

最近のネット界隈に疲れている。狂信的に現政党を支持するネトウヨと、ムキになって現政党を批判するパヨクが連日ネットの世界で喧嘩をしているのに飽きた。ぶっちゃけ、ネトウヨとかパヨクとか、そんなことどうでもいい。面倒くさい。アメリカの如く日本も分断されているなと正直思う。そこに加担する気はない。
例えば、生まれてこの方ずっと自民党支持だからと言って私はネトウヨではない。たまには報道内容に違和感を覚えることだってあるからってパヨクってのでもない。恋人でも友達でもそうじゃん。あいつの、ああいう性格は好きだけど、ああいうところは嫌いとか。個人の人間関係でもあるんだから、政治じゃ尚更でしょ。全部が全部を支持するとか、不支持に回るとか、政治ってのは、そんなに単純なもんではないと思っている。

今回思ったのは、映画はプロパガンダでは絶対に駄目ってこと。ヒトラーが多くの支持を得るために利用したのが映画だったことを考えれば、時の権力に是でも非でも、そのメッセージは政治的であってはならないと思っている。映画は大衆心理を先導する道具であってはならないと思う。じゃあ、何であるべきかって? 娯楽だよ、娯楽。しかし、チャップリンがそうだったように、映画は「風刺」することがある。記憶に新しいのは、チェイニー副大統領を描いた『バイス』、あれも究極の風刺だった。『大統領の陰謀』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『スポットライト 世紀のスクープ』なんかもそう。日本では、この手の作品は見かけることが少なかったが、この『新聞記者』の登場で、メディアとしての役割を映画が果たしていたことに、この映画の存在意義はあるのかなと思う。内容に対する賛否は別問題として。

[PR]


実際に観て、日本の社会派映画史にガッツリ爪痕を残した意欲作であり、日本映画の本気度を感じたことは確か。この映画を観て政治的信条にそぐわない人も中にはいるんだろうし、間逆に喜んでる人もいるんだろうけど、個人的には、反政権映画ではなく、日本のジャーナリズムに警鐘を鳴らす映画と位置付けたほうがいいように思えた。ジャーナリズムが果たすべく役割は権力の監視役であると定義づければ、そのひとつの回答がこの映画なんだと思う。これが黒澤明だったら、伊丹十三だったら、周防正行だったら、森達也だったら、是枝裕和だったら、どう描いたのかなとか気になった。もっと的確に過激に切り込んでいただろうと想像するに易いので、この映画は意外にも優しいと思う(笑)
と言うのは、現に劇中で、ある大学院の新設問題を巡るっていうのは、現実でも散々騒がれたことなので元ネタも明白だけど、その学園で化学兵器を製造すると急にファンタジックな設定を付けた途端にリアリティが無くなって。けど、それでいいんす。この藤井監督は『エターナル・サンシャイン』を観て映画監督を志すようになったような人なので、この映画を嫌味なプロパガンダで終わらせることなく、エンターテイメントにする姿勢はアリだと感じた。

[PR]


それと、松坂桃李が、まぁ素晴らしいこと! 己の正義感と葛藤する表情は絶妙。いつの間にか凄い役者になったもんだ。『娼年』の感情が抑制された大学生とか、『居眠り磐音』の頼りない侍とか、陰のある人物像がうまい! 『ガッチャマン』演じた役者とは思えない急成長ぶりだ。彼のような旬な一流俳優が出たからこそ、この映画は窓口を広げたし、これが売れてない俳優だったらVシネと大差ない小作になったと思う。それほど役者のネームバリューの重要性を感じ、松坂桃李の役者としてのポリシーに信頼度が増した。正直やりたくない類の映画だろうけど、余計にファンになった。
ただ、主人公の女性が日本人女優じゃないのが頂けなかったな。別の意味で日本中を驚かせた蒼井優や、演技派の満島ひかりに「政治色が付くのが嫌だ」と拒否されて韓国女優とは情けない。カタコトの日本語には迫力がなく、どことなく説得性に欠けチープに思えてしまった。上野樹里とかだったら、もっと鬼気迫る映画になったと思う。

人それぞれ思うところがあるんでしょうけど、この映画を肯定するも否定するも、政治に興味がある証拠でもあるので、それはそれで様々な意見は尊重すべき。松坂桃李が言う「無関心が無難」な傾向は駄目ね。『バイス』のラストに出て来る保守とリベラルの男性同士の喧嘩の横で若い女性が言う「今度の『ワイスピ』楽しみじゃね?」が最も駄目だから(笑)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【SF映画の金字塔更新】『ブレードランナー2049』が、映画の続編の史上最高傑作である理由

    SF映画の金字塔の続編として圧倒的な成功例続編映画の最高峰と言…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    (C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会…

  3. 映画レビュー

    『僕のワンダフル・ライフ』この映画で泣ける幸せを噛みしめたい☆

    いや実際にはナイアガラの滝のように泣いた(笑)ハルストレム監督…

  4. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

  5. 映画レビュー

    『ザ・プレデター』でプレデターはコミック化した

    誰もがプレデターがどれほど無敵で恐ろしい存在か知っている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
PAGE TOP