映画レビュー

【綾野剛は流石だけど・・・】シュールこそ独自性と勘違いした悪ふざけ『パンク侍、斬られて候』

(C) エイベックス通信放送


劇中薄らとは感じていたけど、エンドロールでセックス・ピストルズが流れたことから、この映画が意味するパンクはニヒリズムなんだと確信した。
しっかし、趣味嗜好の問題はあるだろうけど、つまんね~映画だったな!
アナーキーな作品気取って、題名にパンク名乗って、ピストルズ流すなら、反体制的な一発でもかましてやれって。今の政権なんてパンク的な視点で見ればネタの宝庫だろうが! パンクのイデオロギーは多くの場合、個人の自由と反体制的視点に関係しているもんだろ?
話力の無い原作者の責任か? アナーキーな話を大衆娯楽作に見せかけた製作側の責任か? ま、映画なので、監督の責任ですわな? 滅茶苦茶具合が石井岳龍らしいなんて、“こういう非王道的なの分かる俺って通でしょ”みたいな、サッブイこと言いませんよ、俺は・・・・・・



原作が大衆娯楽的ではないと言ってしまえばそれまでだ。
それでも、原作に忠実に映画化されている(らしい)本作を、クドカンが得意の“現代的な言葉”を多用した台詞が取っつき易く好感度を高くしている。

けど、出来上がりはシュールこそ独自性と勘違いした悪ふざけの領域。
こういうのって、もはや単なる利己主義でしかない。松本人志の映画みたいだった。もう、拷問以外の何者でもなかったなあ。
猿が喋って、人間と戦をして、変な宗教が暴走するとか。自分で話の収集付けられていないのが、表現としての責任を感じなくて許せなかった。書籍で読めば楽しい話なのかな? いずれにせよ、配給側も全国330館で公開するに相応しい原作なのか否かくらいの選別眼を持てよって思った。浅はかだな~ってね。

「流行に飛びつき、行列が出来れば思想も無く並び、それでも自分だけはユニークだと思っている」という大衆文化批判とか、宗教のマークが書かれた旗の寄せ書きに「○○様のお陰で楽しい思い出が出来ました。また来年も来ます」ってフェスかよ!(笑) こういうクドカンらしさに救われている。
来年2019年に東京五輪の時代を描き、初めて大河で現代劇をやることに大きな期待をしているが話力と時代性を鋭い始点は健在のようで安堵する。

どんなにアナーキーな映画でも鑑賞に耐え得る演技力を発揮した綾野剛は本当に真の役者だと思う。超絶アクションに圧倒され、シニカル/コミカル両面の演技も魅力的。同世代に彼のような才能ある役者がいてくれることは誇りだ! トヨエツも意外な表情を見せるし、演技派のクセモノ役者が映画に箔を付けていた。ただ、あまりに酷い話の展開に出ている役者が気の毒に思えた。滑っているコメディを全力で演じなければならないことほど演者にとって辛い罰ゲームはない。役者に失礼ですから。
綾野剛なんて彼のキャリア史上最も怪我をしたってほど過酷なアクションだったというほど体を張っていたわけで、確かにカッコ良かった。プロだなと思った。綾野剛、本当に素晴らしい役者だ!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  4. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】素晴らしきかな、人生

    やりたいことは『シックス・センス』だったのかと思うと脚本の妙を称え…

  2. 映画レビュー

    『カメラを止めるな!』は確かに面白い!当たるべき所に陽が当たった喜び!

    ※注意※当記事はネタバレしておりますので、未鑑賞の方は絶対に読…

  3. 映画レビュー

    【時間の無駄】スマホを落とす前に眠気に落ちそうな『スマホを落としただけなのに』

    映画を観に行っただけなのに時間を無駄にした。今や大半の現代人は…

  4. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  5. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

    まず私が小学生高学年の時に親にアニメのVHSを買って貰ったのが20…

  6. 映画レビュー

    『七つの会議』が掲げる「されどネジ」は日本の労働力賛歌だ!

    流石は池井戸潤原作だけあって面白い。ハズレが無い。主演に野村萬斎を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  2. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
PAGE TOP