映画レビュー

『プーと大人になった僕』は現代社会や窮屈な理屈に生き辛さを感じる大人たちに向けたエールだった

© Disney

名作アニメの実写化が止まらないディズニーにやり過ぎ感が芽生えていたけれども、昨年2017年に世界的な特大ヒットとなった『美女と野獣』のクオリティの高さに舌を巻くも、それをも凌駕する新たな名作が生まれたような気がする。それが今回の映画だった。最初『くまのプーさん』を実写化すると聴いた時は、どんなものになるのか不安しかなかったが、それも杞憂に終わることになる。

名作アニメ1977年の『くまのプーさん 完全保存版』のエンディングである、クリストファー・ロビンとプーの別れのシーンの再現から物語は始まる。あのシーンは本当に切ない。童心がゆえにピュアな子供が、勉学や仕事と、ヒトとしての成長の道を歩むべく、純真だけで許されていた時代との別離を描いているからだ。そりゃ30歳になっても、ぬいぐるみと遊んでいるおっさんいたら困るけどさ。実際にお子さんがいる方や、可愛がってる親戚の子、姪甥御さんがいる方なら何となしに分かってくれると思うけど、子供の成長って誇らしいと思うと同時に、ある種の寂しさのようなものがない?

その続きを見せてくれるというのだから、プーさんファンとしては、この映画の存在意義は大きい。クリストファー・ロビンは、100エーカーの森を去った後に、寄宿学校でスパルタ教育を受け、結婚や出産を経て、大人の階段を登っていた。まさか戦争にまで行ってるとは思わなかったが。中年となってからは鞄メーカー企業で、家族よりも仕事第一主義の社畜となっていた。天井に赤ん坊が這ってるのが見えるほどのジャンキー不良少年になった後に、偉大なるジェダイ・マスターになったりと波乱万丈な人生を送った、疲労困憊のクリストファーのもとに、プーが現れる。最初は否定していたクリストファーだが、彼の元にプーが現れたことは必然だと感じた。現代に生き、理不尽さに思い悩む誰しも、プーを必要としているのだ。
「何もしないを毎日やっている」「(仕事が)風船よりも大事?」と聞くプーの言葉こそ人生の真髄だったりする。この映画を、仕事批判と捉えるには安直だ。生きていくにはお金は必要だ。だから、仕事はしなければならない。プーはそんなこと言ってる訳ではない。ただ、行き過ぎた過労働や、社会の理不尽さに心の余裕や豊かさまで奪われてはいけないなんて、おとぎ話の常套句のようなものがテーマとしてあるのだが、説教臭くない。これって、プーだから成立するのだろう。だって、プーは常に自然体だから。いい加減、アナ雪のテーマ性を引き継いでるなんて言いたくはないけど、正しく「ありのまま」。小難しい屁理屈が渦巻く現代の諸問題も、果たして「風船より大事か」と問われれば答えが自ずと導き出されるだろう。

これは子供映画ではなく、現代社会や窮屈な理屈に生き辛さを感じる大人たちに向けたエールなのだと思った。プーさんは、大人になった今でも、クリストファーにしたように、観ている我々にも人生の指針を示してくれた。それとなく。風船よりも大事な物はないと思えば、肩の力が自然と軽くなった。それでいい、それがいい。

劇中で、プーの蜂蜜を狙う想像上の怪物「ズゾウとヒイタチ」を巧みに使用したり、プーとピグレットが謎の足跡を追跡するが自分たちの足跡を追って樹の周りをぐるぐる回っていただけとか、オウルの家が再び木から落ちて崩壊しているとか、原作ファンが嬉しくなるエピソードを適所に織り交ぜているサービス精神は流石である。
また、何と言っても、プーの表情が愛くるしい。クリストファーに邪険にされ「もう友達じゃない」と突き放される際の悲しい顔、現実社会のドタバタの末にクリストファーが大切なものに気付いた時の安堵の表情など。プーはぬいぐるみだから表情は変わらない。けど、確かに表情があるのだ。ぬいぐるみの顔だけで心情を表現する。その見せ方の巧さは脱帽するレベルである。

心が浄化されるような映画だった。観て良かった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  2. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    (C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会…

  2. 映画レビュー

    DC史上最高傑作『アクアマン』多用な映画的要素が詰め込まれた究極の娯楽作

    圧巻のアドベンチャーでありDC映画の不評を吹き飛ばす素晴らしい…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】この世界の片隅に

    (C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会日本…

  4. 映画レビュー

    『僕のワンダフル・ライフ』この映画で泣ける幸せを噛みしめたい☆

    いや実際にはナイアガラの滝のように泣いた(笑)ハルストレム監督…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドント・ブリーズ

    20年に一度のホラー映画と言うから期待していったんですが肩透か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
PAGE TOP