映画レビュー

ジョディ・フォスター史上最高傑作だった『マネーモンスター』

image source:http://www.imdb.com/title/tt2241351/mediaviewer/rm560792320
TriStar Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ


文句なしで今年のトップに入る娯楽作だと太鼓判を押したくなる傑作でした!
これまでのジョディ・フォスター作品は正直面白くなかったけど、これは大当たり!

舞台は株の情報を扱うテレビ番組。司会のジョージ・クルーニー扮する男が軽妙なダンスやコメントを繰り広げるような軽い番組なのですが、その番組の情報に騙されたと憤慨した視聴者が銃を片手に番組の収録スタジオに忍び込み、番組ジャック!ディレクターのジュリア・ロバーツ(久々に見た)と共に、この危機をどう抜け出すかの密室劇!
犯人との丁々発止のやり取りは、オスカー俳優たちの名演技が相まってか、一気に映画に吸い込まれますし、その様子を息つく暇もないほどの高速展開で魅せる構成が流石ですし、ジェットコースタームービーとして、見事に成功!

ただ、一見、クライム・サスペンスとして見られがちな映画ですが、この映画は社会派と呼ぶに相応しい、現代の米国を象徴するテーマ性が隠されており、今見るべき映画だと思います!
番組をジャックした犯人が崖っぷちな生活をしている、株取引で大金を儲けている企業には、この気持ちは分からないという動機が明らかになっていくのですが、そのバックグラウンドにはジョディ・フォスターによる強烈な<格差社会への批判>的意見が織り交ざっています。
この映画の本筋はそこ!実際に、劇中でも番組を見ている視聴者たち、世論の声が、いつしか犯人への共鳴へと変わっていくのが興味深かったです。
『狼たちの午後』のアル・パチーノ宜しく、富裕層を敵にした犯人を英雄視する風潮を、嫌味なく描いているジョディの手腕は流石です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  4. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…

関連記事

  1. 映画レビュー

    ポップ・カルチャーへの敬意と賛美で彩られた大傑作『レディ・プレイヤー1』

    あれだけ映画史に革命を果たしてきたスピルバーグが、21世紀にこれほ…

  2. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】メッセージ

    宇宙人襲来映画は腐るほどあるが、その中でも群を抜いて素晴らしい…

  3. 映画レビュー

    OASIS日本ラスト公演「FUJIROCK’09」を映画館で観る!

    フェスにおける生の現場に比例する臨場感のある音響。月並みな表現にな…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ナイスガイズ!

    今年度の賞レースを独占している『ラ・ラ・ランド』で主演を務めた…

  5. 映画レビュー

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』飽和を恒例に変える流石のクオリティ!

    シリーズも五作目となり、いよいよ飽和期に差し掛かってもおかしくない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  2. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  5. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
PAGE TOP