映画レビュー

MIBテイストを踏襲しながらMetooをもクリアした新時代の『メイン・イン・ブラック:インターナショナル』

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

続編の度に迷走してたように見えたMIBシリーズだが、このスピンオフで面目が保たれたように感じる。全くの別物だとか、邪道と言われようと、そもそもMIBってポップ・カルチャーど真ん中に位置する映画だけに、気軽に観てナンボの映画なので一時的でも楽しめれば、それ以上求めるのは野暮ってもん。
第一作目が公開された時に中学か高校かリアルタイムで見た世代だが、あの時はCGで描かれたエイリアンが新鮮で、とにかく視覚的に楽しめただけでも十分だった。そんな時代。
加えて、強面の名優トミー・リー・ジョーンズが、このようなポップコーン映画に出るギャップも話題だった。超売れっ子で旬の俳優だったウィル・スミスとの凸凹コンビっぷりも新鮮でおかしかったし、今じゃ日本の珈琲CMの宇宙人役でお馴染みだが、当時は硬派なトミーのイメージに無かった(実際に続編制作の際に「何が面白いのかサッパリ理解できない」と公言していたくらい)。

今回はトミーは微塵も出ないし、主役のウィルも出ない。
そのことにファンの間では大批判が起こっていたが、代わりに『ゴーストバスターズ』で脳みそ空っぽ男を、『エンドゲーム』ではメタボ神を演じ、コメディアンとしてすっかり定着した、今まさに旬の俳優、クリス・ヘムズワースを主演に迎えた。で、相棒に女性エージェント(テッサ・トンプソン)を加入させたところが如何にも今っぽさを助長させた。Metooとしても正解だ。
しかも、彼女は『メン・イン・ブラック』のmenに疑問を呈するのだから、いよいよ面倒臭い(笑)エマ・トンプソンも「そこは触れないで」と苦い顔で返答するのが可笑しかったが、配役も設定も2019年版にアップデートされていたのは評したい。



[PR]


史上最悪の異星人を倒したことで一躍有名になった主人公は新人女性エージェントとタッグを組み、地球にやって来た爬虫類星デブ王子の警備を頼まれるが、その時に受け取った謎の物体を巡りMIBロンドン支部内にスパイが潜んでいることに気付く。主人公たちは、スパイ側が仕掛けていた裏工作によってMIBから追われる立場になってしまうって話で、ドタバタ劇は健在!!
ちなみに・・・・・・クリスが何度も「知恵と銃1丁で」を繰り返すことに注目。(詳細は伏せるが)この何気ない台詞の回収法も王道的だが、MIBならではの(記憶を消す例のペンライトの)設定をうまく利用していたと思う。
これまでのMIBの雰囲気を踏襲しつつも、終始どこかふざけていて緊張感皆無な部分が「らしく」て良い。このように、敢えてキッチュな2流感を出すことで、MIBらしいコメディ映画として、ちょうどいい体温を保持していたことも好感が持てる。

それと、高級車のサイドミラーなどから銃が次々と出て来るメカニカルな描写もナイス過ぎ。ああいうの男子は好き。あと、これまでマイケル・ジャクソン、ジャスティン・ビーバー、レディ・ガガと錚々たるメンバーを地球に潜伏した宇宙人としてカメオ出演させてきたが、今回の宇宙人はアリアナ・グランデだった(笑)


これまではウィルとトミーの年齢差の凸凹感が笑えたが、今回は男女の意識差の凸凹感で夫婦漫才の体を成していた。そういう見方をすれば、これは一種のデートムービーでもあるなと思ったが、それも色男クリスだからこそ成立し得たこと。女性とのバディ映画として彼の存在は絶妙なのだ。そう考えればだ、ウィル無しのMIBに批判が集まっていたが、男ばっかりの映画も作り辛い時代性を考えれば、今回のキャスティングは吉と言える。

本国では評論家に酷評されているらしいが、元のMIBから大したシリーズでもない。先述の通り、ポップ・カルチャーなので細かな理屈と分析はノーセンキュー。大人げない評価は気にしなくて良い。瞬間的に楽しめれば大成功と言える類の映画なのだから。その意味では、このスピンオフは成功していたと個人的には推したい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』飽和を恒例に変える流石のクオリティ!

    シリーズも五作目となり、いよいよ飽和期に差し掛かってもおかしくない…

  2. 映画レビュー

    『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』感動も多幸感も表現しきれない薄味ミュージカル

    日本人が如何にも好きそうなミュージカル映画だなと思った。『グレーテ…

  3. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

  4. ニュース

    【映画鑑賞日記】帰ってきたヒトラー

    (C) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】バイオハザード:ザ・ファイナル

    この映画の存在意義は2つあると思っています。まずは、ゾ…

  6. 映画レビュー

    『15時17分、パリ行き』でハッキリした、映画に役者が絶対必要である理由とは?

    まず大前提として明確にしておきたいのは、この映画で描かれているテロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  3. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
PAGE TOP