映画レビュー

テッド化したピカチュウも愛くるしい『名探偵ピカチュウ』程良い家族向け映画

©2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
©2019 Pokémon.

おっさん声で喋るのも劇中で理屈が通るのでOK!

結局「ポケモン」はピカチュウなんだなと思った。その愛らしさも何もかもピカチュウ無しでは何も語れないのだなと。本作でもモフモフ感などが再現されていて愛くるしさったらない、もはや世界共通のペットアイコンとして認識されているといっても過言ではないだろう。だから、予告編を見てピカチュウがおっさん声で喋ると知って拒否感を示したファンも多くいたことだろうが、それは物語の展開で理屈が通るから何の心配もいらない

そもそもアメリカは喋るキャラがお好き❤

そもそも、ハリウッド映画には、よく喋る系のキャラクターは多い。古くは『スター・ウォーズ』のC-3PO然り、今回のピカチュウ同様に愛くるしい姿と裏腹のおっさんキャラであるテッド然り、ピクサーのニモの相棒であるドリー然り。これって喋りの力量が試されるスタンダップ・コメディ文化が根付いているからだと予想するが、とにかくアメリカは喋るキャラが好きだ。

日本のポケモンに敬意を示すハリウッド版

今回もピカチュウの原型が無いまでに喋る喋る。ライアン・レイノルズが声を担当しているわけだが、『デッドプール』ほどの毒舌がないだけ家族向け映画として安心。ウィル・スミスの息子演じる主人公が、失踪した父親を探すために、主人公の少年がピカチュウとタッグを組んで大きな謎に挑んでいくという王道的なストーリーも子供受けはいいだろう。大人も気兼ねなく見れて、たまにはこういうニュートラルな娯楽も心地良い。そもそも、ポケモンって「絆」を重要視しているシリーズだけに、本作も根本はソレを継承しているのでポケモン映画として面目が保たれている。

[PR]

ポケモンGOの世界観が再現されている

とにかく、実写といえど、その容姿はアニメのままを踏襲していたのが良い。にも関わらず、メリーポピンズのような実写とアニメの融合ほどの違和感もないのは、おそらく我々が既に「ポケモンGO」でポケモンと共存するヴァーチャルリアリティな世界観を体験しているからだろう。あのゲームのまんまの世界観が広がっているのだ。

誰?なポケモンも多い(初心者の印象)

ただ、ライトな知識しか要してない者からすれば、たまに劇中に出て来るポケモンがあまりにマイナーなキャラがいて、本当に本家ポケモンにいるのかどうかすら懐疑的になったが、敢えて有名どころを避けたところに、ポケモン通を唸らせるものがあるのだろうか? あのパントマイムのポケモンは何なん?(笑)
(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『イコライザー2』根底にあるのは水戸黄門のような勧善懲悪だからこそ観てて爽快!

    正義の貫徹というド直球な設定が気持ち良く、前作では理不尽な悪に虐げ…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】バイオハザード:ザ・ファイナル

    この映画の存在意義は2つあると思っています。まずは、ゾ…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ムーンライト

    黒人による黒人への差別と迫害・・・アメリカでは黒人以上に同…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  3. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP