映画レビュー

『メリー・ポピンズ リターンズ』は果たして本当に必要な続編だったのだろうか?

(C)2018 Disney Enterprises,Inc. All Rights Reserved


王者ディズニーに禁句なし。名作アニメの実写化すれば軒並みヒットさせるし、安定のマーベルもハズレ無し、スター・ウォーズ量産による価値下落の危惧さえ除けば、正しく絶好調だ。あの『くまのプーさん』さえも突拍子もない発想で実写化するなど、企画力もズバ抜けて冴えているように感じる。出す映画出す映画、驚きの連続なわけだが、まさか『メリーポピンズ』の続編をやるなんて誰が想像したことだろう。実に半世紀ぶりの続編である。よく解散したバンドが再結成したら当時の輝きを失っていてガッカリするなんてパターンがあるけど、続編を作るというのは、そういった危険性も含んでいる。何でもやりゃ~いいってもんでもない。

果たして、『メリーポピンズ』の続編は必要だったのか? アンドリュースのメリーポピンズは完璧過ぎた。ここに手を加える必要性は感じない。しかし、当然、半世紀も年月が経過していれば俳優の老化は真逃れない。80歳を超えるジュリー・アンドリュースに再び飛んだり跳ねたり踊れというのは酷な話。勇気を出して、オリジナルに見劣りせずにカヴァーしたエミリー・ブラントが見事だった。彼女は、半世紀前の元祖は一度しか観ていないと言っていたが、逆に元祖の呪縛に捉われない自由気ままさが良かったのかも知れない。気品溢れながらも、どこかお茶目なメリーポピンズ像を現代に再現させたのは見事だった。

[PR]


けど、この続編は前作から20年後の時代設定である。ここにわざわざ続編作る必要性を感じない。どうせなら、2010年代にメリーポピンズが現れたらどうなるかの方が見たかったからだ。彼女は現代をどう憂い、どう夢を語ったのかが見たかった。だから、続編というよりも、所詮は企画物レベルの印象を超えられなかったのは、そういう部分である。
『メリーポピンズ』という物語は、貧困が常に根本的な問題として描かれている。オリジナルも大恐慌時代が舞台設定だった。だからこそ、アニメーションと実写の融合で描かれるファンタジーの世界に居心地の良さを覚える。そこは踏襲されていたようだった。CGアニメ全盛において久々に手書きのディズニーアニメーションを観ることが出来た喜びもあった。

オリジナルの楽曲があまりに名曲揃いなことも、続編を作るべきではないと感じた理由だ。「Chim Chim Cher-ee」「A Spoon Full of Sugar」「Supercalifragilisticexpialidocious」など、誰しも耳にしたことがあるだろう人気曲に肩を並べるほど楽曲を浸透させなければならないが、どうもそれは達成できてないように感じた。無理もない。映画楽曲が浸透するなんて、そんな容易なことではないんだから。どんなに人気歌手でも過去の代表曲より新曲が浸透し辛くなってくるのと同じだ。今回の楽曲自体は素敵だと思ったが、それと浸透力は異なるし、何よりキャッチーさに欠ける気がした。大衆曲としてはオリジナルの『メリーポピンズ』は名曲が数多く存在するディズニー映画音楽の中でも群を抜いて優れた部類に入ると思う分、やはり厳しい。ミュージカルだけに結構な致命的だとも思った。今回は無難にまとまったと思われるが、触らぬ名作に祟りなしと肝に銘じてもいいカモなんて感じたけどね。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]






[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと

関連記事

  1. 映画レビュー

    『君の膵臓をたべたい』が駄目な理由は物語構築上で最もしてはいけない禁句を犯しているから

    日本中に悲恋ブームを巻き起こしたセカチュー。難病モノとカテゴラ…

  2. 映画レビュー

    『ザ・プレデター』でプレデターはコミック化した

    誰もがプレデターがどれほど無敵で恐ろしい存在か知っている。…

  3. 映画レビュー

    群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

    これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映…

  4. 映画レビュー

    『search』を観た!控えめに言っても大傑作!ここ数年で1番の大傑作と評したい!

    控えめに言っても大傑作である。素晴らしいアイディア、完璧な映画だ!…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】デッドプール

    (C) 2016 Twentieth Century Fox Film…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  3. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  4. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  5. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
PAGE TOP