映画レビュー

『LION ~25年目のただいま~』母を訪ねて三千里もGoogleがあればお茶の子さいさい?

image source:http://screenrant.com/lion-trailer-dev-patel-rooney-mara/
© 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia


ベンジャミン・バトンをも凌駕する、なんとも数奇な人生である。幼少期に偶然乗り込んでしまった回送列車内で転寝してしまったがゆえに、とんでもない遠方まで運ばれ、言葉すら通じない場所(インドでは少なくとも30の異なる言語があり、全体で2000前後の方言が知られている)に降り立った主人公が、ホームレス、孤児院などの壮絶な経験を通じて、オーストラリアの裕福な夫婦の養子縁組になり、Google EARTHの力を借りて、25年ぶりに故郷に帰るという、これが実話だというから驚きである。

逆に言えば、強運の持ち主である。この主人公だって、下手すれば捕まって人身売買されてもおかしくないし、金銭代わりに変な大人に性的搾取されていたかもしれない。恐ろしいことだ。しかし、そんな危機を潜り抜け、孤児院に保護され、養子縁組され、一流の生活と教育を手にした彼は、やはりかなりの強運の持ち主だ。そもそも、幼少期という、かすかな記憶を辿って、バーチャルのGoogle EARTHで故郷を見つけ出すなど、奇跡に近い。科学の力以上に、彼の運の強さに感心した。

主人公が恋人と喧嘩をするシーンがある。心配をかけ続けている家族に自分の安否を伝えたいと、その気持ちが恋人には分かるまいと責め立てるシーンだ。自分を案ずる人がいて、その人が何処にいるかも分からないもどかしさを察する彼の気持ちを想像すると、張り裂けそうな想いだ。
また、ニコール・キッドマンが、これまでにない存在感を醸し出している。養子を本当の子のように愛し、その人生に満足し、それこそ幸せであると断言するシーン。これぞ、正しくハリウッドで流行(?)している養子縁組ブームの、セレブ達の真意、本音なのだろうと思った。地位と名誉、お金があるから出来ることではあるが、それ以上のものが養子縁組をすることに意味合いがあるのだろう。

それと強く感じたのは、人生は過去よりも未来が重要で、後ろめいてばっかでは何の意味も成さないって思っているけど、この映画のメッセージは真逆であること。自分が何処から来て、どこに向かうのかを知るためには、自分の過去・ルーツを知ることも重要だということ。主人公は自分のルーツが分からず、過去の喪失により、経済的にも、対人的にも満ち足りている人生なのに、どこか不安気で、未完成さを感じるのだ。大人になっても拭いきれない喪失感の払拭のためにも、故郷に帰るってことは、彼自身のけじめをつける意味合いがあったんだろうなって思う。
おそらく、映画では描けないレベルの酷いことは起きていたんだろうなって感じる。あくまで、映画は美談にしたいから。先でも、人身売買や性的搾取のような描写があったと言ったけど、もしかしたら主人公は、そういう目に遭ったのかもしれない(じゃないと、大人になっても頭を打ち付ける程、苦悩しないと思うのだ)。壮絶な半生だったと思う。だから、帰郷のシーンなんかは、映画以上の感極まる思いがあったに違いないと思うのだ。逆に言えば、それを、この映画はドラマに出来てないと言ったらそれまでだが。

あまりに時間的にも距離感も壮大過ぎるし、その経験の数奇さが壮絶過ぎて、実話がフェイクに思えるほどで、感動の実感すら持てない。なんだか、「奇跡体験アンビリバボー」を観ているような感覚に近い。ただ、この映画のラストで、ユニセフを通じて、世界の子供の行方不明者は毎年数万にも及ぶことが伝えられ、この映画で起こったことが決して唯一無二な出来事でもなく、フィクションで片付けられるものでもない深刻さを物語っていることを忘れてはいけないと思い示された。社会が子供を守らなければならないのだから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  3. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ハンターキラー 潜航せよ』もはや映画で米露が争う時代は過ぎた

    ロシアとアメリカの軍潜水艦が爆撃される事件が発生と聞けば「20…

  2. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドクター・ストレンジ

    いろんな映画を観ていると時に、その映像に驚愕する時がある。…

  4. 映画レビュー

    実はディスでなく埼玉愛の映画『翔んで埼玉』は理想の多虐ギャグだ!

    なぜ埼玉は「ダサい」のか?埼玉のイメージを下落させた真犯人…

  5. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!

    今年は本当に多くの映画を観た。劇場鑑賞数68作品というのは人生…

  6. 映画レビュー

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』移民の歌が流れた瞬間アドレナリン大放出!

    マーベルに何を期待するかにも因ると思うが、個人的にはこれで大成功だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  3. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
PAGE TOP