映画レビュー

『キングダム』旬の俳優で人気漫画を角川映画っぽく味付けし成功

(C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

原作が漫画なので内容が希薄なコミックだと揶揄しても仕方ない。にしても、作家性皆無な映画監督である。フィルモグラフィーを見れば、ほとんどが漫画原作の実写化映画なので、そういう専門職人なんだなと感じた。忠実性を重んじてるのだろうか、それだけを考えれば、原作の壮大さの再現を、よくぞ不況の日本映画界で出来たなと感心はする。角川映画のような無骨なスケール感の映画が撮れたことは偉い。そこに旬の俳優を並べれば、少なくとも20代や映画に疎い連中は騙せるから。


この映画で最も得したのは吉沢亮な気もした。歌舞伎の女形顔負けの、妖艶な美しさが印象的だった。元は仮面ライダー出身俳優ではあるものの、そこから今日のブレイクするまでが長いだけあって、演技もまあまあ。山崎賢人の大根をカヴァーできていたと思う(山崎だけではない、橋本環奈や本郷奏多も相応に酷かった)。
実は、そう言いつつも、山崎賢人は嫌いじゃない。けど、叫んだり、大袈裟な演技をさせるとスカスカな感じがして残念だ。けど、大衆映画の主演俳優としては及第点で、集客力は確かにあって、公開明けの週末時点での客入りも上々らしいので、興行大失敗に終わった昨年の『ジョジョの奇妙な冒険』のツケは返せるのかなと思う。

[PR]


元も子もないのを覚悟で、そもそも論を言ってしまうけど、なんで中国の歴史に基づく話を日本人がやってるのだろうかね? 日本の漫画だから仕方ないけど。中国衣装に身を纏った日本人俳優に違和感はあったけどね。これなら、何も中国に拘らずに架空の王国で良かったんじゃないかな~なんて原作知らずなもんで乱暴なこと言ってしまったけど。確かに日本でも三国志は昔から人気だからな~。それをポップに描いたということで万人受けエンタメとしての三国志、そう思えば山崎賢人は最適かも知れない。

そう、エンタメなのだ。そう割り切れば少しは楽しめる。話は少年漫画の王道で何ひとつ真新しさがなく分かり易いのも良い。王座奪還という目的も明快で、その過程で次々と彼らに襲い掛かる敵も個性的、ロール・プレイング・ゲームのようで面白い。大衆娯楽としては十分だ。私は漫画に疎い方だが、最近は「海賊王に俺はなる」に代表されるように、成長を描くものが多い気がする。この映画の主人公も「いつか天下の大将軍になる」ことを夢見ている。夢も希望も持ちづらい平成末期に、こういった、のし上がり系の夢実現を掲げるヒロイズムは時代の心を揺さぶるものなのかも知れない。大事なことだ。

とりあえずは序章が終わったという消化不良な映画ではあったけど、今や公開前から●部作なんて言えない時代だ。興行的に失敗して続編がお蔵入りになるのは見っとも無いから。おそらく、この映画は興行さえ30億近くいけば続編は作られるだろう。せっかく10億円以上もかけて丁寧に作ったのだから、是非とも続きが観たいものだ。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】マグニフィセント・セブン

    原作があまりに名作だとハードル高くて困るよね?笑『七人の侍…

  2. 映画レビュー

    グレン・クローズの芸達者ぶりに圧倒された『天才作家の妻 -40年目の真実-』

    ノーベル文学賞を受賞した作家と、その夫婦にまつわる疑惑をめぐるサス…

  3. 映画レビュー

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』飽和を恒例に変える流石のクオリティ!

    シリーズも五作目となり、いよいよ飽和期に差し掛かってもおかしくない…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

    ©2016劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会 ©2016 …

  5. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!

    今年は本当に多くの映画を観た。劇場鑑賞数68作品というのは人生…

  6. 映画レビュー

    『15時17分、パリ行き』でハッキリした、映画に役者が絶対必要である理由とは?

    まず大前提として明確にしておきたいのは、この映画で描かれているテロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  3. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  4. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  5. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
PAGE TOP