映画レビュー

2012?アルマゲドン?ゼロ・グラビティ?多ジャンルごった煮ちゃんぽん鍋のような既視感映画『ジオストーム』

(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


エメリッヒの自然災害映画に、『アルマゲドン』的ヒロイズムと、『ゼロ・グラビティ』のような宇宙パニックと、「24-TWENTY FOUR-」のアクションを、ごちゃ混ぜにした、ごった煮ちゃんぽん鍋のような、もう、何でもアリな映画だった。これを訳が分からないと評するのか、満腹感な贅沢品とするのかで、この手の映画に対する個人的な意見は分かれるだろうけど、これだけ、いろんなことをやっても、そのひとつひとつの描写が既視感ありあり(日本語主題歌を担当してるB’z同様パクリ的)で、新鮮味に欠けるというのも凄い。B’zの曲同様に印象に残らなそうな映画だった。

映画を観るには「脱思考」が肝心な時もある。僕のように、忙しない日常から離れたいがゆえに本作を選ぶって人も多いだろう。非日常的なディザスター描写は何故か恐怖ではなく、好奇の目で見れるし、要は娯楽要素なのだ。リオデジャネイロの海が凍っていって、逃げ惑う人々も凍るとか。巨大なヒョウが東京に落ちるとか。ドバイで超高層ビルが、大波にのまれるとか。香港で、落ちた卵が目玉焼きになるくらいアスファルトが熱持つとか。とにかく、世界中の大都市をフルボッコ! エメリッヒがやり尽くした感のある自然災害描写を、やりたい放題で、ハチャメチャに描き切る圧力に強引にでも納得させられる。この“ハチャメチャ感”こそ、この映画の最大の持ち味だ。

しかも、その異常気象の原因が“ダッチボーイ”という、ワイフじゃなくて良かったなという世界の気象を制御する宇宙ステーションの異状によるというから、ぶっ飛んでる。自然が相手ではなく、人工物なのだ。だから、宇宙に行って修理をしなければいけなくなる。大統領なんかが相談する訳だが、その大役を任されたのが、主人公ジェラルド・バトラーと聞いて唖然とする。どうあがいても科学者に見えない(笑)

dヒッツ

しかし、彼でないといけない理由が、後に、きちんと描かれる。いわば、宇宙で格闘するくらいの科学者だからというのもあるが、ある理由から、ダッチボーイを破壊する際には、誰か一人がステーションに残らなければならn・・・・・・以下、敢えて省略。ブルース・ウイルス的な英雄像を描きたいベタ~な展開には辟易としたが。ジェラルドの目指す方向性としては正しい起用だ。主人公の弟役のジム・スタージェス(イケメン売り)だって、無意味にベッドシーン入れてるので、各々の俳優の持ち味は活かされていたのかなと思う。

※注意※
多少ネタバレになるので、これ以下は未鑑賞の方は読まないで下さい。

そして、このダッチボーイの故障には、ある陰謀が隠されていることが判明することも、ミステリーとしての娯楽性を高めている。しかも、犯人はホワイトハウス内にいるという、ポリティカル・サスペンスに急展開する。気付けば、ド派手なカーチェイスや、銃声が鳴りやまない「24-TWENTY FOUR-」のようになってしまう。しかし、容疑者である大統領、アンディ・ガルシアが民主党ということ、その側近エド・ハリス(真犯人)も民主党員なのは、共和党下の現状に媚びたのだろうか? あ、こんなことを言ってはいけない、脱思考しなければいけないんだった(笑)

好き勝手、地球を壊した割にはあっけなく英雄万歳で終わる無責任さも、旧来通りの災害映画としてはお決まりで素直だとしとこう。逆に、頭を空っぽにすることが、こんなに疲れるのかと思うほどに要素満載で、結局何だったの? という気持ちで劇場を後にした。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from …

    「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  2. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
PAGE TOP