映画レビュー

『デス・ウィッシュ』ヘイヘイドクター!ヘイドクター!ブルース・ウィルス外科医に見えない!

(C) 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.


本当にメスよりも銃の方が断然似合う男だ。
逆にブルース・ウイルスという俳優は、医者役を、銃ぶっぱなす以外の演技も出来るのだと思ったのが斬新な発見だったかな(笑)
この映画で面白いのは、銃に慣れないがゆえに発砲時に手を負傷するブルースの珍しい姿が見れること。外科医から銃の扱いがだんだんと上達していくヒーローになっていく様が実にかっこいい。

二画面で、片方が、手術しながら人命を救っていく外科医としての姿と、もう片方が犯人の命を奪うための銃を組み立てていくアンチ・ヒーローとしての様が並行して流れるシュールさも趣味の悪い面白みがあった。
パーカーのフードを被るだけという軽装過ぎる変身も用心深くないと思いつつも、どっかで見たことあるなと思い返せば、M・ナイト・シャマラン監督の『アンブレイカブル』まんまだった。
R-15指定なだけはある暴力描写には辟易とするが、もはやブルース怒らせたら半端ないことになるのは、皆が分かっているので「ほら言わんこっちゃない」と全世界で言っていることだろう。同時に、そんなブルースの姿を世界中が待っていた。久々の大スターのアクション姿に痺れる。


74年のチャールズ・ブロンソン主演作「狼よさらば」のリメイクだと知ったのは鑑賞後だった。オリジナルは観ていないが、西部劇で銃をぶっ放してきたブロンソン氏の姿も、ブルースが『ダイハード』を始めとする様々なアクション映画で銃をぶっ放してきた姿も、脈々と受け継がれる、自警精神と銃社会など、アメリカのPOWERの象徴を「是」とする考え方だ。
基本的にはアメリカの銃社会には問題提起をしたい考えでいるが、その是非なんか問うてたら映画なんか観てられない。主人公の自警行為は正義か否かということが劇中でも激論されるが、『ダーティ・ハリー』にせよ「24」にせよ、アメリカの映画やドラマの大半が、そういうグレーな正義で成り立っている。同時期に公開中のデンゼル・ワシントン主演の『イコライザー2』然り、正義貫徹のための暴力は肯定されている。暴力の連鎖、報復の是非とか、延々に応えの出ない問い地獄にハマるが、ブルースの映画を観れば、悪に鉄槌を下す力はあって然りだと確固として思えてくるのだから、この人のカリスマ性は凄い!
談話で解決できるなんて綺麗事は言ってられないという現実をアメリカは映画を通して徹底して描き続ける。問答無用に悪者を銃撃するブルース・ウィルスの姿が最高だった!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  2. 映画レビュー

    『カメラを止めるな!』は確かに面白い!当たるべき所に陽が当たった喜び!

    ※注意※当記事はネタバレしておりますので、未鑑賞の方は絶対に読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  2. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  3. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
PAGE TOP